Other blogs その他のブログ

Save Kids Japan http://savekidsjapan.blogspot.jp/ 竹野内真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/ 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2015年1月2日金曜日

Song dedicated to Prime Minister Abe 安倍首相に捧げる歌



April 11 2015, updated 4月11日更新
In the middest of Abe regime's dangerous control over Japanese politics, I would like to dedicate this song with English and French subtitles!
安倍政権が危険な政治を進めている中、この歌を捧げます。英語とフランス語の字幕付き!

"I Dreamed a Dream" Fukushima Version
By Mari Takenouchi, 47


 English with French subtitles
 
 
 
 

日本語
 
 
福島の子供たちの窮状と日本の地震と原発問題を訴えたくて、『夢破れて』を歌いました。
この歌は妊娠中にスーザンボイルさんが歌ってるのを見て、涙が出るほど感動したのですが、とにかく何でもいいから広がってほしくて歌いました。偶然ボイルさんが歌ったのも47歳の時で私も同じ年!(ボイルさんのようにうまくないですが、この字幕を付けて下さった海外の方は、私の子供たちを助けたいという真摯な心に打たれ、涙してくれたそうです。)
 
I sang the above song out of my sincerest hope to save kids in contaminated areas and to spread the horrible situation in Japan regarding nuclear and earthquake...  I saw Ms. Susan Boyle's video when I was pregnant and I was greatly moved to tears.  Coincidently, she sang this song at the age of 47, which is my age, too!  I am not a good singer like her, but the French translator told me that he was moved to tears by seeing me acting out of my sincere heart to save children.
 
I Dreamed a Dream 子どもだけは避難させて
(2nd version)
  
Save Kids Japan 子供は避難させて
In an earthquake country地震国日本に
Nuke plants were built all over原発が建てられた
By Yomiuri and CIA中曽根さんと読売に
LDP and Nakasone 自民党とCIAに
Now I am shocked and afraid 2006年国会で
Nuclear plants were restarted 安倍首相は聞かれた
Without solid safety  津波で原発大丈夫か
Politicians are after the money only ダイジョブと答えた
But the earthquake came in March 11年に地震は来た
Causing meltdown in Fukushima 福島原発メルトダウン
Spread a lot of radiation 放射能の大拡散
People got expoooooosed 子供は被曝したあああ
Now kids are sick in Japan 甲状腺がん増加した
But they cannot evacuate でも避難もできない
Media's hiding the truth メディアは嘘だらけ
No thyroid cancer news is covered 白血病も出てきてるよ
Please save children at least 7q11検査して
They're getting sick and weak by radiation甲状腺の原因わかるよ
They're getting sick and weak 政府は検査して
Please save kids at least 子どもだけは避難させて


 
 






インドでは誕生日の人が周りの人に振舞うと言う習慣があります。とても美しい習慣だと思う。。。そこで私も、この日に起きたと思われる大事な事件についてと、自分の拙い歌を捧げます。
In India, there is a beautiful custom where a birthday person gives small gifts (such as candies) to other people...I think that is a very beautiful custom.


Therefore, I am dedicating my son and my songs to you. (Though we are not good singers...)


ただ私の歌の前に私自身の話、福島の子どもの話、そしてこの日に起きた原子力村による殺人の話の情報も以下に。


Before my songs, let me give you information about myself, Fukushima children, and a murder by a nuclear lobby in Japan which took place on this day of January 12, 1996.


竹野内真理の橋本病(女性に多いようなので要注意です!)と活動報告について
Mari Takenouchi's Hashimoto's Disease and Anti-nuke activities balance
http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/10/70.html


それから福島の子どもと妊婦を汚染地帯から逃がして下さいと言う署名。
Another one is a petition to evacuate Fukushima kids and pregnant women.




子どもと妊婦を避難させる6か国語署名にご協力を!
Evacuate kids and pregnant women!


Sign 6 language petition!


(English/Japanese/French/Chinese/Spanish/Italian)! 

以下の英日中仏西伊の署名を拡散ください!


 English petition:http://www.change.org/en-GB/petitions/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?lang=en-GB&utm_content=buffer11073


日本語署名 Japanesehttp://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/to-government-of-japan-and-citizens-of-the-world-please-evacuate-fukushima-kids-and-pregnant-women?utm_content=buffer11073&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer




それからもうひとつ、深部体温からおそらく1月12日に殺害されてしまった可能性の高い原子力村に関連する事件についてもどうか皆様、拡散ください。
Also, please do remember Mr. Nishimura who was probably killed on this day of January 12 in 1996 by nuclear village judging from his deep body temperature...
http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/blog-post_1741.html



*******************


元旦は、息子と一緒にカラオケに行ってきました。
I went to Karaoke with my beloved 5 year old son on New Year's Day.  (We often go there...we are Karaoke lovers...)


ジバニャンのコスチュームは、クリスマスプレゼントに「ジバニャンとコマさんのおしゃべり人形」を買ってもらった息子が、どうしても「ママも自分にクリスマスプレゼントを買うべきである」と言うので、自分用にもじばにゃんコスチュームを買いました。
(ジバニャンというのは、飼い主の命を救うため、自分がトラックに轢かれて死んでしまった地縛霊の猫。息子はこの話が好きで何度も何度も見ていました。)

Our costumes are "Jibanyan, the cat ghost," who saved his master's life by being run over by a truck.  My son loves this story and this animation cartoon program is currently most popular in Japan... 

息子のお年玉には、妖怪ウォッチと妖怪メダル、沖縄に来て初めて行った映画は妖怪ウォッチ。妖怪ウォッチだらけ。

そして初歌に妖怪ウォッチ。(息子のソロの部分に注目してやってください。私以上にエネルギッシュな息子のすごい迫力。3分後くらい

I think this program will be popular soon not only in Japan but in the world.




次はアナと雪(Frozen)のLet It Goより 
(福島の子供たちのための替え歌はこちらです!→http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/2014/08/let-it-go.html 今回は替え歌にしていません)

The next song is Let It Go in the movie Frozen.  We are singing original version here, but  I sang this song with altered Fukushima kids version in the URL below.
http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/2014/08/let-it-go.html



きゃりーぱみゅぱみゅメドレー、50歳近くのおばちゃんには息切れもの!
Next one is Kary Pamyu Pamyu who may be the most popular Japanese singer now...as a 47 year old mom, I am getting out of breath...



それとうちの息子が好きなカーペンターズのSing
Next song is my son's favorite "Sing" by Carpenters



そして2014年の紅白で一番聞いて感動した薬師丸ひろ子の「Wの悲劇」
(メロディーをよく覚えていないので、音痴になっているかも・・いつものことだが)
Next one is a Japanese song, "Woman."



そしてこちらがめちゃくちゃ老けていると噂だらけの沖縄大学での私の「原発」の授業。
原発事故後、視力の低下が激しく(東北に一度講演に行った時にはちょうどひどい角膜炎になり、3日間片目が激痛であけられなくなり、1か月赤目で以降さらに視力が下がった気がしています)、いつも眼鏡をかけているので、普段の私はこんな感じです。スクロールすると、すぐ下のページに私の話の文字起こしあります。
The following video and page shows me with glasses giving lecture at Okinawa University in November 2014.
(Thank you so much, Okinawa University for letting me talk what I wanted to talk!!)
 
After I gave a lecture in Tohoku (North East Japan) in 2011, I had a horrible corneitis on one eye and could not open it for 3 days.  Since then, my eyesight got drastically worse and I am wearing glasses like below.  Some people say that I look terribly old...(tears)




中曽根康弘氏は、1954年の水爆実験による第五福竜丸の被爆直後、盛り上がる反核運動の中で、以前から準備していた原子力予算を国会で通過させました。読売新聞社主の正力氏や日本テレビ重役の柴田氏の「毒を持って毒を制せ」発案の日米政策の下政治家、マスコミ、学者が力を合わせて日本に原発を導入。これCIAの関与も知られている史実です。http://www.jcp.or.jp/akahata/html/senden/2011_genpatsu/index02.html

Mr. Yasuhiro Nakasone passed the nuclear budget at the Diet in 1954, when anti-nuclear movement was mounting after the Lucky Dragon Bikini H-bomb case, "  Under the slogan, "Poison can control other poison" recommended by Shibata, a surbordinate of Shoriki who was the president of Yomiuri and Nippon TV, nuclear power was promoted in Japan.
This is a historical fact that CIA involvement has been proven.
http://fukushimanewsresearch.wordpress.com/2011/08/02/japan-ex-pm-nakasone-influential-shoriki-played-key-role-in-promoting-nuclear-power/

そして、福島事故後に、中曽根氏がそもそも日本に導入した原発のおかげでこれだけの被害が出ているのにも関わらず、自らの責任を顧みない上記のセリフを、2011年9月5日のニュースウォッチ9の番組でおっしゃいました。

On September 5, 2011, after the Fukushima nuclear accident, he stated the above in spite of the fact that he was the very person who introduced nuclear power to earthquake prone country like Japan.

朝日のこの記事も、問題ではないだろうか。。


**難しい話が苦手な人のために歌をうたいました。中曽根さんと安倍さんの名前が出てきます。**

 
 

2014年11月29日土曜日

Anti-nuke lecture at Okinawa University 沖縄大学で話をさせてもらいました。機会をくださった教授に感謝、良い感想を書いてくださった学生さんにも感謝!

My deepest appreciation to the professor and the students who earnestly listened to my lecture and gave good comments!
このような機会をくださった担当教官の先生に感謝!
久しぶりに学生さんの前で話をさせてもらい、緊張すると同時に、嬉しかったです。。。
授業の後、良い感想もたくさん書いて頂きました。。。(ありがとう!)

I am translating my lecture speech into English below.  (Video is only in Japanese)
講義内容は以下に英文にもしています。(動画は日本語のみ)

While translating, I added some information behind both in Japanese and English.
翻訳をしながら、背景情報を日本語と英語で補足しました。



Prof Yoshii on the right and Mari Takenouchi on the left
Video 1's topics:  The reason I became anti-nuclear
Danger of Sendai NPP which will restart soon
A geologist who pointed out the danger of Sendai in 1970s was criminally accused! etc...
私が反原発運動をすることになったきっかけと欧州ロビー活動の話。
沖縄の人に影響が出る可能性のある  川内原発の話もしています。
建設前から断層見つかり、ボーリングコアを入れ替えていた!指摘した学者は自民党員から刑事告訴を受けていた!


~ラフな文字お越し~A rought script
今マスコミが原子力と被曝問題全くやらないんですね。気づかれている方どのくらいいるかわかりませんが。
いろいろやる時には、今年からカメラをもって活動している。
竹野内真理と申します。フリーランスジャーナリスト。
原発問題は99年からやっています。

As some of you may be aware of, Japanese media are not covering the truth of nuclear and radiation issues at all.

My name is Mari Takenouchi and I am a freelance journalist who have been studying the nuclear power issues since 1999.


もともと市民運動のきっかけは。。。皆さんがうらやましいです。学生の時から講演が聞けて。
私も学生の時、なにか人の役に立ちたいとは思っていたが、当時は情報の時代でなかったので、何をしていいかわからず。
恥ずかしながら活動しだしたのは30になってからで(現在47歳)その前は何もしていなかった。

I started my activities around when I was 30 year-old.(now I am 47)  It wasn't fully information age and I didn't know what to do though I wanted to do something good for society even small...


きっかけは98年。イラク戦争で劣化ウランが使われたが、放射能が入っているのに、核兵器となっていない。米国でも健康被害が出ていてイラクはなおさら。
そういった講演会を大人になってから見て、赤ちゃんの写真を見て涙が止まらないくらいショックを受け、なにか私にできませんかと尋ねた。
英語を仕事にしていたのでボランティア翻訳を始めることに。

My first chance came in 1998.  Depleted uranium was used in 1991 Iraq war but the weapon was not recognized as nuclear weapon though it is radioactive.  There were symptoms even among US soldiers and their offsprings.  Among Iraqi people, it was all the more.

I encountered such lecture and photo exhibition and when I saw pictures of Iraqi babies, I was deeply shocked and couldn't stop crying.  I went to the lecturer whether I could do somehing for help.
As I was working for companies using English, I started volunteer translation since then.

翌年、99年には米国から事故で被曝してしまった科学者が来て反原発の話をした。
電源喪失、メルトダウンへのメカニズムと、直後には死者はあまりでないが、数年後にどのくらいのがん死者が出るかのシミュレーションを米国はしていて、それを聞いて驚いた。
買ったばかりのコンピュータで英語で懸命に話を打ち込んだ。http://www.jca.apc.org/~altmedka/ron-31-y2k.html
打ち込んだ英文を日本語に翻訳しながら涙が止まらないくらいのショックを受け、それから原発の活動にのめりこんだ。

Next year in 1999, a US scientist who were accidently exposed to radiation came to Japan to talk about anti-nuclear lecture.  She was telling the audience about a US simulation with station blackout with ensuing meltdown, causing many cancer death many years after the accident though there are not so many immediate deaths.

I was again truly shocked.  I typed in her lecture frantically into my new personal computer.  Later when I went back home, I translated the typed English into Japanese, which gave me the second shock that brought me tears for days.  Since then on, I got deeply involved in anti-nuclear power activities.


市民活動無経験の私が無謀だった。今も無謀なのは変わらないが。。
2000年問題って聞いたことはありますか?2000年になるとコンピュータに不具合が生じ、いろんなところで事故が起きるのではないかという話。石油タンカーとかでも。。クリントン大統領が食料備蓄までしていた。

Without any prior experience of citizens' movement, I was quite reckless then.  (I am also reckless now..)

Have you heard about Y2K problem?  People worried that there may be many bugs occuring on computer systems when the year reaches at 2000, such as unexpected accident at oil tankers etc.  Even President Clinton was reserving foods and supplies etc in preparation for that.


私が2000年問題で原発が危ないと言う話を聞いたのは99年6月であと6か月しかない。
講演を一緒に聞いていたおじさんが、首相官邸に知り合いがいると言う。
それで「だったら連れて行ってください」とお願いしてどかどかと尋ねた。

When I heard the danger of Y2K in relation with year 2000 problem, there were only 6 months left.
I happened to hear from a middle aged man who was also listening to the US scientist lecture told me that he knew some people in Prime Minister's Residence.

"Please take me to the Prime Minister's Residence to let them know the danger!" I begged and actually we went to the Prime Minister's Residence.


『カウントダウン・メルトダウン』という本に福島事故後、官邸内が機能していなかったことが詳述され、内閣危機管理監が出てくるが、なにもできないでいた。
当時内閣危機管理監に「日本の原子力は絶対安全!馬鹿を連れてくるな!」と追い出された。


小渕首相は内閣調査官からのきちんとした手紙でよい対応をしてくれた。
(ただし結論はY2Kがあろうと安全というもの。

しかしのちに、福島原発だけは一基、2000年問題で制御棒の位置がコンピュータの不具合でわからなくなり、当時の東電社長が陳謝したと言うべた記事が出たのを覚えている)

In a book called, "Countdown Meltdown (Japanese book and no English translation)" by Yoichi Funahashi, the 2011 Cabinet Crisis Management Officer was depicted as a person who could not make any move to deal with Fukushima accident.

I remember I was kicked out of the 1999 Cabinet Crisis Management Officer who yelled at me, "Japanese nuclear power is absolutely safe!  Dpn't bring in any wierdo person in the Prime Minister's Residence!"

The only exception was the then Prime Minister Keizo Obuchi who ordered his aide to write a cordial letter to me...(though the point was again Japanese nuclear power should be safe even with Y2K problem.  However, one Fukushima nuclear power reactor had a computer bug where the position of the control rods could not been displayed at year 2000 roll over period.  For this problem, the then Tokyo Electric Company president made an official appology, which became a small newspaper article.)

その後、官邸がだめなら日本国内ではらちが明かないと言う事になり、欧州に言って訴えたらどうかと入れ知恵をした人がいて、行ってみたら誰も一緒に来ない。
(注:5人一組で欧州7か国を回ろうと無謀な計画を立てた人がいて、この時私は欧州7か国を一人で廻りましたが、活動をほぼ終えたドイツ一国では、他の人々がJoinしたものの、内輪の国際会議をしただけで、この時より私は一人の方が案外できることもあると思うようになりました。)

After the visit to the Prime Minister's Residence, one activist suggested me to go to European countries to spread this Y2K and nuclear power movement.  Another person drafted a plan to visit 7 European countries with 5 members in one group....and I seriously took it as it is. 

However, nobody did it apart from me except that some people joined me in Germany to have a meeting with anti-nuclear comrades and had dinner together.

(Since this experience, I thought sometimes a single person can do more than group of people who do not keep words and act.)


英国、オランダ、ベルギーと行き、ベルギーの活動家のおかげでたどりついたのが欧州議会。米国の資料をもって2000年問題と原発問題が大変だと言ったら、緑の党のエネルギー担当が「僕も大変だと思っていて、2000年が来るときには家族を連れて離れ小島に行くつもりだった。なんで誰もやらないのか不思議に思っていた。来てくれて感謝している。資料も感謝」といってすぐに決議案を書いてくれた。

そして彼は私に、「緑の党の僕が言う事は聞いてくれないから、あなたが全ての政党を同じ資料をもって説明するように」と言った。私は知らない間にロビー活動というものを生まれて初めてしていたのである。

I traveled from UK, Holland and Belgium and thanks to an Belgium activist, I reached the European Parliament.   I carried materials provided by the US scientist and explained how serious the nuclear power problem could be in relation with possible computer bugs, and then, the energy expert of Green Party said the following,
"As a matter of fact, I myself thought this problem could be serious and I myself planned to go to isolated islands with my family.  I was wondering why nobody was raising voice.  I am very appreciative of you visiting here with the materials.  I will prepare the draft of resolution to submit the European Parliament."

He also said, "Nobody in other political parties would not listen to me belonging to Green's Party.  So you should visit each political party to persuade them with your material and explanation." In this way, I was doing lobbying activities for the first time in my life.

ある時、ものすごいハンサムな4か国語くらいの同時通訳者(さすが欧州!)がカフェで私に話しかけてきた。「ねえねえ、君はジャーナリストですか?どこの国から来たの?その膨大な資料はなんなの?」
At one time in European Parliament, a very good looking interpreter of 4 European languages spoke to me at a cafe.  "Are you a journalist?  Which country are you from?  What are your vast amount of documents about?"

私:「日本人よ。ジャーナリストのようなものかしら。ロビー活動みたいなことをやっているの。2000年問題で原発が危ないのに、誰も対策を打っていないから、政党全部を訪問しているのよ。」

Mari "I am  a Japanese, a sort of a journalist, but I am doing lobbying activities, because nuclear power plants may be in danger in connection with year 2000 problem.  I am now visiting every political party."

通訳者「へええ~なるほどねえ。僕もその問題、知らなかったよ。それで、その経費はだれが払ってくれているの?」
Interpreter: "Ummmm...I was not aware of the issue.  And who is paying you for this lobbying activities?"

私「誰も払ってなんてくれないわよ。全部自分のポケットマネーでやっているのよ。」
Mari: "Nobody is paying.  I am doing everything out of my pocket money."

通訳者(突然、お腹を抱えて笑い出して)「え!うわ~ははは!凄い人だね!君は!」
Interpreter (burst out into laughter) "My God!  Wow~hahaha!  What a remarkable person you are!!!"

そして2か月後に満場一致で可決された。(注:この時、私は「人種差別で有名な右翼の政党を除き、すべての党の担当者に訴えると言う、ロビー活動を行いました。」)
2 months later, the resoluation was passed unanimaously though I did not visit a single political party which was famous for racial descrimination.  (As an Asian woman acting alone, I was scared to tell the truth...)

この時、資料も読まずに官邸から私を追い出した日本の高官の対応と「一市民の」私の言う事を聞いてくれた、欧州の高官の対応の違いに驚いた。

Through this experience, I was truly surprised to see the difference between the Japanese high official who kicked me out of the Prime Minister's Residence without reading my precious data and the European officials who DID listen to a mere citizen like me!


いちどWikipediaが立ち上がりそうになったが削除されたが、GooのWikipediaがあるのでそこに書いてあるので興味のある方はどうぞ。
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E7%AB%B9%E9%87%8E%E5%86%85%E7%9C%9F%E7%90%86

Once my Wikipedia was about to be established but was deleted by many obstructions of net harassers, yet, the deleted page can be viewed in the following page.  I translated into English at the bottom too.
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E7%AB%B9%E9%87%8E%E5%86%85%E7%9C%9F%E7%90%86


2001年から2002年、私は反原発団体で最も大きな原子力資料情報室の国際担当として半年翻訳などして勤めた。
From 2001 to 2002, I was hired as a translator at Citizens' Nuclear Information Center, the biggest anti-nuclear power organization in Japan as an international liazon person for half a year.
(The details are here. 細かい話はこちらhttp://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/2013/06/blog-post.html


奇妙なことがいろいろ起きた。私がいた時(2001~2002年)には、プレート境界の直上にある浜岡原発が2度大事故を起こした。原子炉からの水漏れと緊急冷却装置ECCSにつながる配管が爆裂し、私は「地震と原発」を情報室の活動に入れないのかといくら問うても入れてくれない。

However, so many wierd thing took place.  While I was there, Hamaoka nuclear power plant located directly above the plate boundaries had 2 major accident; one was ruptuer of a pipe that is connected to ECCS system, and other was water leak from a reactor itself.  Even without earthquake, these accidents took place and I asked the CNIC directors to tackle with nuclear power and earthquake issue as a major item in their action plan.  However, they never accepted it for some unknown reason while I was there in 2001~2002.


それから六ヶ所再処理工場(福島の放射能の60倍以上の核燃料がある)が稼働する前、村長が自殺したと言う事件があり、その後反核の村長立候補者が出たが、どの反原発団体もマスコミも動かなかった。六ヶ所再処理工場の稼働する前の大事な選挙であったにもかかわらず。

Then in May of 2002, the then Rokkasho village major Mr. Hisashi Hashimoto (54) committed a suicide in a forest when some small money scandal came to appear.  However, his suicide did not become any major news in mas media.  Right after his death, Rokkasho village had an mayor's election with anti-nuclear candidate as well, but no major media or anti-nuclear organization did not pay ANY attention to this important Rokkasho village mayor's election before the operation of Rokkasho Reprocessing plant.

沖縄はラッキーである。辺野古の問題できちんと未来世代を守るためやってはならないことが、きちんと争点になり、住民が闘っている。

Okiawa is a lucky place in a way that the majority of local residents are aware of serious issues and do fight against the government in order to protect future generations.


ところが福島では県知事選で、「子供を避難させろ」と言う井戸川克隆氏が大敗。完全に押さえつけられており、市民団体からおかしい。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/10/1026vote-for-idogawa-who-care-health.html

On the contrary in Fukushima governor's election, Mr. Katsutaka Idogawa who appealed for evacuation of kids had a crushing defeat without any supporting citizens groups or any political parties, which is totally nonsense. http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/10/1026vote-for-idogawa-who-care-health.html


六ケ所村に話を戻すと、推進の人の自殺だって可哀想だし、反核候補で地元のエビ釣り漁のおじいさんである高田与三郎氏を応援しないのもおかしい。原子力資料情報室を含むどの反原発団体も応援しないので、個人で応援に行って帰ってきたら、首になっていた。怖くて福島の事故が起きるまで私も黙っていた。

Going back to the topic of Rokkasho village, I felt very sorry for the then village mayor Mr. Hisashi Hashimoto (though he was a pro-nuclear!) who committed a suicide, and I also wanted to support Mr. Yosaburo Takada, an old shrimp fisherman who was against nuclear.  It was strange that no anti-nuke groups including CNIC did not support Mr. Takada. 

So I went to Rokkasho village out of my pocket money to support Mr. Takada.

原子力資料情報室を含む反原発市民団体は子供の永久避難の必要性(保養では足りない)についても何も言わない。頭に来て拡散するしかないと。誰か雇われた人に自分や息子の命を狙われてしまってもおかしくないが、私は自分が反原発市民団体の間で見てきた事実を拡散するしかない。多数の子供たちと未来世代のために。

Even after Fukushima accident, CNIC or other anti-nuclear groups never mention about necessity of children's permanent evacuation (temporary holiday is NOT enough!), which made me furious. My son and  I may even be killed by someone dispathed but I am determined to spread what I have been seeing among anti-nuke citizens groups. For the sake of vast number of children and future generations.


情報室の3人の共同代表に、オフィスから離れた喫茶店で解雇されたことあと、共同代表の一人である山口幸夫氏などは、「竹野内が解雇されたと勝手に嘘を言っている」と怒鳴りながら嘘をついた。山口氏のこの横暴に私は「解雇自体よりも嘘つき呼ばわりされたこと」にさらに頭にきた。

After I got dismissed by the three co-directors of CNIC, one of them, Mr. Yukio Yamaguchi even yelled, "Nobody dismissed Ms. Takenouchi.  She is lying!!"

I got furious even more when I was told as a "lier" than when I was secretly dissmissed at a remote cafe from CNIC office.


今『日本と原発』という映画が広まっているが、情報室の役員の弁護士2人が作っている。
反原発や反被曝の問題については大きな団体の有名な人々が市民活動を牛耳っているが、私は信用していない。私が2001年に情報室にいた時は、予算の半分は、反原発ではない米国の財団から来ていた。

Now in Japan, a movie called, "Japan and Nuclear Power Plants" are showing.  This movie was made by 2 lawyers who are the board members of CNIC.  In this way, anti-nuke and anti-radiation movements are controlled by famous organizations such as CNIC.  (While I was in the office in 2001, half the budget came from a US foundation which was NOT anti-nuclear power)

残念ながら、国内でも国外でもそうであり、気味が悪い。私は日本でも他国でも、100%信用できる反原発団体に出会ったことがない。

It is quite shady that anti-nuclear movements are controlled by such big organizations both in Japan and other nations. Both in Japan and overseas, I have never encontered any anti-nuke organizations which I can trust 100%.


考えてみて下さい。原発推進派がフリーパスの反原発市民団体に人を送り込まないと言う可能性はあるだろうか?私はゼロだと思っている。

Please think about this issue.  Do you think it is possible that nuclear promoter's side does not dispatch anybody to anti-nuke groups which are totally a free-pass?  I think such a percentage is ZERO.  They always dispatch people to anti-nuke power groups.

原発は国連でさえも賛成している。国の中で団体としてやっていけるところは法人になれない。情報室も国に認められているNPO法人。

 Even the United Nations are supporting nuclear power.  Big anti-nuke organizations cannot be such organization...CNIC is also a NPO which is admitted by the Japanese government.

私がいた時には予算の半分は米国の財団から来ていた。しかし反原発ではなく、核兵器反対なだけ。
While I was in the office in 2001, half the budget came from a US foundation which was NOT anti-nuclear power.

かつて仲良くさせてもらっていた広島の翻訳家、大庭里美さんも「広島はだめだ」と一人で闘っていた。広島は核兵器の問題は言うが、反原発は言わないのだ。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/08/on-day-of-hiroshimanagasaki-please-save.html

Late Ms. Satomi Oba, who was a translator in Hiroshima, was also fighting by herself, saying, "Hiroshima is hopeless!"  Citizens groups in Hiroshima used to talk about anti-nuclear weapons but not anti nuclear power. 

1999年、私が反原発になった時も、まずは被団協(共産党系の日本原水爆被爆者団体協議会)を尋ねたのあるが、なんとそのリーダーに「被爆者の中に、原発で働いている人もいるので、反原発運動をできない」と言われ、開いた口が塞がらなかった。

In 1999, when I became anti-nuclear power, the group I visited first was Hidankyo (Hiroshima based radiation victims' group) and I was told by the leader, "Since there are some radiation victims who are now working at nuclear power plants, we cannot oppose to nuclear power."  I was speechless with shock...


事故後も去年と今年、広島の日に、福島の記述がなくなっていた。被曝団体も毎年広島の日だけは訪問して被爆者の話を聞く(安倍)首相に福島の子どもの話をしない。

After Fukushima accident in 2011, no description was made on the Hiroshima Day (Aug 6) in 2013 and 2014 by the Hiroshima Mayor's speech.  Radiation victims' citizens' groups never appealed about ongoing health hazards of Fukushima kids to Prime Minister Abe who visits Hiroshima on Hiroshima Day.

次がIAEA、国際原子力機関に直訴に行った時の話。IAEAが大元締めで国連の中にある。安全保障理事国に直結した機関で力が強い。

Next, I will talk about the experice where I visited IAEA.  IAEA is the main organization of nuclear power in the world situated inside the United Nations.

IAEA is directly connected with Permanent Securities Nations, which are very very powerful.


私はIAEAには2002年に福島事故前にも行って、「チェルノブイリは西洋の原発と方が違うと言うが、日本に関しては地震があるから、日本でもし事故があったら原子力業界大変ですよ。そうなる前にどうにか日本の原発を止めてくれないか」、と言いに行った。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/05/open-questions-to-iaea-director-general.html

I visited IAEA in 2002, almost 10 years prior to Fukushima accident, and told them, "You say Chernobyl is exceptional since nuclear power plants in western nations are different from the design in Russia, but as for Japan, there are massive earthquakes coming in the future, so the situation is different.  If there is a catastrophic accident in Japan, the nuclear industry will be at crisis.  Before that happnes, would you please stop nuclear power plants in Japan?"
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/05/open-questions-to-iaea-director-general.html



すると原子力安全部の人々は「安全だ。大丈夫だ。放射能漏れはない」の一点張りで、私が事前に話を聞いていたGEのエンジニアで原発を建設した菊池洋一氏による技術的な話も全く理解しようとない。

Then the people in Nuclear Dafety Department kept saying, "No problem.  Nuclear power is safe. There will be no radiation leak."  They didn't even try to understand the technical talks I learned from former GE engineer Mr. Yoichi Kikuchi.


ただ、面白いことに、たまたま私がイオングループの通訳仲間でIAEAのインターンをしていた若い女性がいたのですが、その人に紹介されたIAEAの別部門の男性に、「お仕事終わるまで待っています」と、時間外にビールを飲みながら待ち、ざっくばらんに話をする機会を得た。

However, there was one interesting experience at IAEA.  In those days, I met a young Japanese lady who used to be an intern at IAEA among interpreters I met at a company I used to work on temporary basis.  The young lady told me a person's name who took care of her at IAEA and when I visited IAEA, I also met him out of his office hour at a bar drinking beer, telling him, "I will wait here until you finish your work."  I had a chance to talk with him quite frankly.


するとそのIAEAの男性(日本人)はこう言った。
Then the Japanese IAEA person (Nuclear Safety Guard Department) told me the following,

「竹野内さん、この問題はあまりに大きすぎてどうにもならない。僕は日本人が500万人死んでも仕方ないと思っている。」と2002年の時点で言われた。

"Ms. Takenouchi.  This issue is too big to handle to anybody.  I think we should just give up even if 5 million Japanese died due to nuclear disaster." (again, it was at the time of 2002!)

「まだ事故は起きていないのです。どうにかしてください。そうでないと未来世代の人々に申し訳が立たない」と私。
"However, the accident has not happened yet!  Please do something.  Otherwise, we are too sinful to the future generations." I said.

「原発をつくる時点で地震国であることはわかっていたんですから。日本人全員が原発止めろと言わない限りは止まらない。」

"When the nuclear power plant was introduced to Japan, it was already a known fact that Japan is earthquake prone country.  Unless all the Japanese people say, "Stop Nuclear Power!", nuclear power plants in Japan will not be stopped."

「あなた家族は日本にいるのでは?」

"How about your family members?  Aren't they living in Japan?"

「いや、僕は家族は皆、オーストリアに、ウィーンに連れてきています。」

"No, my family members are all here in Vienna, Austria."

「あのでも日本がめちゃくちゃになり、どうにもこうにもならなくなったら、産業界が一番大事にしている経済が立いかなくなるのでは?」

"If the economy in Japan gets devastated, don't you think the industries will lose their economic strong position that is cherished most by the industries?"

「いえ、日本は輸出国ですからね。日本がつぶれれば、逆に世界経済は活気づくのではないですか。」

"No, I don't think so.  Japan is an export country.  If Japan is crushed, the world economy will be boosted.  Don't you think so?"

とんでもない話を聞いたと思ったが、これが現実だと思った。

I thoght I heard an unbelievable prediction.  But at the same time, I thought this was the reality.


今川内原発を動かそうとしているが、とんでもない話である。
トップに言ってもどうにもならないということがわかったので、じゃあ、下の方から何かできないかと思い、千葉県松戸市の出身なのですが、松戸市議会選挙に出馬しました。


はずかしいですけど。。。なんでかというと、2002年のポスターですが、何が言いたいかというと、歴代の地震がここで起きていますと言う事、原発の位置も含めた地図、それからいま止まっても電気足りていますね。前からわかっていたことでグラフ化したものを情報として出したかった。


選挙となると広報が配られる。松戸の世帯数は17万、それで配られればみんなびっくりして動くのではないかと思った。でも落選してその後も大した動きなし。


松戸や千葉は保守王国。この間山本太郎さんがどなたかの応援をしていたが、ひとりふたりいいことを言う人があっても多数決で潰されてしまう。


それから2007年に新潟沖地震があった。この間長野であったが、あの辺も怖い地域である。
柏崎原発から煙が出て、3600か所の不具合が出た。東電が一時期柏崎を動かすと言っていた時はキチガイ沙汰だと思った。


以前TV制作会社でバイトをしていて、TBSの報道特集で柏崎については番組を作ってもらったことがある。


国は確信犯ですべて知っていてやっている。


番組を作るにあたり、私が通い詰めていた地質学者、生越忠先生という人いる。ずっと原発反対で建設前から地盤調査をしていた。柏崎は油田があったので、詳細な掘削地質調査も行っていて、活断層があるのは当時からわかっていた。


川内も同じでわかっていたのに原発作った。生越先生もたくさんそういうことを書いている。
http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/11/scandarous-sendai-npp-to-restart.html


生越先生に関しては、たまたま、沖縄大学名誉教授の、故・宇井純先生と『大学解体論』という本を一緒に書いたことがある。「東大など潰してしまえ」という内容である。


沖縄の皆さんには、近いのは川内原発と台湾原発である。
川内原発の周辺で97年、震度6弱が起きている。生越先生は、建設前に掘って断層だらけでこんなところに作っちゃだめだと言っていたのを九電が作ってしまった。
97年の地震で断層の存在は証明されたが、また無視している。


断層だけではない。なんとボーリングコアまで入れ替えていた。地元の農家をしている人が内部告発をしたのだ。固い地盤をサンプルとして差し換えて提出し、ボーリングコアで実際に取った軟らかい地盤は、自宅に飾ってあると言うのだ。


生越先生はそういったことも訴えたが、なんとその後、自民党員が訴えを起こし、生越先生は最高検察庁から、刑事告発を受けたらしい。国会討議にもなった問題であったのに。


新潟の問題については、私は週刊金曜日に怖いから男のペンネームで記事を書いた。
地震の後、さすがにIAEAも来て調査し報告書を書いたが、なんと保安院が翻訳でたった一文だけ抜き取ってしまった。「将来の地震で柏崎の地盤で2~3m隆起する場所が出る可能性もある」という文だった。そのような隆起があったら、配管は壊れる。
ということで、国は知っていて犯罪的なことをしている。




ちなみにチェルノブイリも地震で起きたという説がある。http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/blog-post_581.html
原子時計で事故の直前に地震は確かに起きており、生越先生も論文を取り寄せ、信ぴょう性が高いと。


それと私はかつてNHKの番組の通訳で、珍しくも反原発のNHK解説者、小出五郎さんと一緒にインドに行ったことがある。
小出五郎さんは、チェルノブイリ地震説のデンマーク国営放送を、あまり見られない時間帯にNHKで放送して解説した人だ。
私はご一緒した小出さんにもチェルノブイリ地震説の信ぴょう性について聞いてみたところ、「確実には言えないが、否定はできない」とおっしゃっていた。




















原発の制御棒が入らなかったら怖い!沖縄は台湾原発も怖い!
東京に居た私と息子も体調不良に!
そして私がなんと刑事告訴を受け、福島から刑事と検察が来た!


~ラフな文字お越し~


福島事故ではラッキーな点があった。制御棒が下まですべて入ったからである。


これが下まで入らなかったら非常に怖い。チェルノブイリでは下まで入らずに十数秒で大爆発が起き、中にある放射能が大拡散された。http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/blog-post_581.html
福島はその点、メルトダウンで何時間か猶予があった。日本でチェルノブイリ型の事故が起きたらどうなるのか。地震で制御棒が入らなくなる可能性は大いにある。


先日、台湾の後にフィリピンに行った。フィリピンは偉い。マルコス政権を倒した時、原発は建設されていたが稼働させなかった。
ところが今原発の可能性が復活してきて、無理とは思うが13か所もの立地候補がある。
そして東電、関電、東芝が投資に興味を示している。酷い話だと思う。


台湾の国際会議は2014年と2003年に行った。台湾と沖縄は昔、陸続きで、台湾はすごい地震国。九州くらいしかないところに原発が六基稼働中。通訳を頼まれていったが、会議場の目の前に台湾電力があって、休み時間に尋ねた。


直前に原発建設した人(菊池洋一さんの事:非常に詳しい)にあって情報を得ていたので、原発の見取り図を指しながら、「地震が来たらこことここが危ない。再循環ポンプなど非常に危ない」と話したら、エグゼキュティブが出てきた。
で、エグゼキュティブも驚き、後日、記者会見があるから、行政院長(日本の首相に当たると聞いたがよくわからない)の前で話をしてくれと頼まれた。


何が言いたいかというと、「お偉方が原発の危険性を本当にわかっていない」ということだ。


台湾で反核運動があるのはいいことだが、稼働していない第四原発に集中している。明日地震があったら危険である第一から第三の稼働中の原発に反対する人の数が少ない。私は先日行ってきたときに、反原発のリーダーたちに話してきた。(ここでも怪しい動きか?)


沖縄は川内と台湾原発が大変なので、情報を拡散してほしい。


私は後から言うが、情報を拡散されないようにされてしまったので、そうしてほしい。
(注:後から言っていないのですが、ツイッターがコントロールされ、フォロワーが減らされ、RTしづらくなっているのです)






ここからは3.11の話から。
民主党の幹事長をまた枝野氏がやっているが、彼が「ただちに健康に影響はない」というセリフを聞いて青ざめた。福島東北の人々に逃げてほしかった。


私は原発をやり始めたのは、電源喪失→メルトダウン→がんの多発だ。
「電源喪失」の文字をTVで見た時から青ざめた。


「何かできないか」と思った。緊急署名をつくったり、できれば外国人記者クラブでなんとか発信できないかと。本当はすぐ私も逃げるべきだったのだが。東北の原発周辺の人を逃がせないかと。
後から東京を3月15日10時から11時に放射能雲が通過したのを知った。


(生徒たちに)この中で東京で働きたい人がいたら、行かない方がいいと思う。かなり汚染されている。


当時私は1歳の子供をおぶって外にいた。よほど近くの人でないと、何か振ってきたり金属臭がしたと言う人はいない。私もまったくわからなかった。
ひと月したら、私と息子で症状が出た。


鼻血は出なかったが、水のような鼻水がだーと出た。その後、発熱。
私はお産が大変で体力が落ちていて産後はすぐに寝こんだりしたが、うちの子は健康優良児でなにもなかった。その時、一歳4か月。その子が13回も発熱を繰り返して全身に発疹も出た。
私は9度の熱が8日間も全く下がらない。普通は3日くらいで下がるものなのに、検査しても何も出ない。3か月も体調を二人で崩していた。


初期被曝が一番大変。静岡、山梨まで健康被害が出たと聞く。


私が放射能を逃れて沖縄に来た話は、オーストラリアの新聞に出て、また朝日がなぜか全国版のカラー写真付きで私の沖縄に来た話を載せた。後から罠があったことを知った。(詳細はこちらです→http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/07/sos-net-stalker-niimotoharu-josephyoiko.html)


沖縄県庁でも記者会見したり、なんだかこちらに来たらやたらちやほやされて、忙しくなり、当時は私が一番やりたかった「汚染地帯の子供たちを逃がしたい」と言う活動があまりできなかった。


食品問題も沖縄で測定所ができたと思ったら、個人的ないざこざがあり、知らない間につぶれていた。私は個人的ないざこざに巻き込まれたくなく、ステップバックしていた。
沖縄も福島のコメなどたくさん入っているので、外食など気を付けてほしい。


2011年11月に外国人記者クラブで記者会見をした。5人の被曝者、広島、第五福竜丸、元原発労働者、福島のお母さん、私が出た。生協で60人くらいジャーナリストが来た。
ところが米英のジャーナリストは一人も来なかった。
NHKやTBSもTVカメラをもって入ったが、まったくニュースにならず。記者会見をしたからと言ってニュースにならないことが分かった。




これは中川恵一さんの本。「福島ではがんはふえない」とある。有名大学の学者が放射能安全論。これではどうしようもないと。やむにやまれず、苦手なコンピュータでブログを始めた。公開質問で御用学者を科学的に追及し始めた。
内輪で大変だと言っても、物事は変わらない。




2012年夏にエートスという団体を知った。この中で知っている人は?いないですね。
チェルノブイリの後にたくさんの子供たちが病気になったのは知っていますね。エートスという団体はNGOなのだが、資金はフランスの原子力産業が出している。


汚染地帯に行って、農業の専門家を呼んだり、線量計を持たせて、個人の線量を下げる努力をした団体。ところが5年後に見て見ると、現地の子供の重症患者数が10倍に増えていた。
つまり本当はその汚染地帯に居てはならないのに、工夫して住み続けようと奨励する団体。その活動の間に一番大事な子供たちの健康が害されてしまった。


不思議なことにエートスについては少しのフランス語と日本語でしか出ていない。こちらのコリンコバヤシさんの「国際原子力ロビーの犯罪」はこの問題を含めた素晴らしい本である。


英語ではエートスの情報はネットでも全くなく、私は英語と日本語で大発信した。
すると、2012年8月、近所におかしな人が現れ、当時2歳の息子を突然抱き上げた。私は叫び、近くにいた人がよってきて、警察に通報した。


それだけではない。官邸前デモの主催者の一人が「竹野内真理を処分してやれ」といった脅迫ツイートを拡散していた。彼らは再稼働反対は言うが、汚染地帯から子供たちを逃がせとは言わない。反原発の内部からもこのように攻撃が来るようになった。
(注:ちなみに福島集団疎開裁判の女性から電話があり、福島告訴団の有名なMさんが「竹野内さんにエートス批判を止めさせるように言っている」と伝えてきました。私は、「そのようなことを受け入れることはできない」と言いました。本当におかしな話です。。)


その後も国連への手紙を書いたり、NYでヘレンカルディコットという有名な医師が主催する国際会議に出席。なぜか「福島事故後の健康と環境への影響」という会議の題目に反して福島の健康被害をいう人はいなかった。


かろうじて、ランチセッションで話をしてくれと頼まれ、私は話をして米国人が記録をとり、今も出回っている。(注:ところがこれさえ、カルディコット医師の通訳でもある平沼百合氏が「竹野内が頼まれもしていないのに、強引に講演をした」とデマを流布していて大変悲しく思っている。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/04/ny-symposium-on-fukushimany.html


美味しんぼの鼻血の事件は知っていますか?風評被害だと言われて?あれ、いない。。。
福島で鼻血の人が出たか出ていないかが論争になったが、そのマンガで登場する松井英介医師が以前、私は誘われてフランス、スイスに行ったことがある。(フランスの団体もおかしな動きがあり、それについてはこちらhttp://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/11/why-no-lawsuit-focusing-on-health-in.html


シングルマザーで金持ちでないので、一緒に行こうと言われていくつもりはなかったが、どうせいくのだら、IAEAに健康被害を訴えようと思って行くことにした。面会は断られたが、手紙の返事は来た。私と息子の健康も心配してくれた。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/05/open-questions-to-iaea-director-general.html


もうひとつ国連科学委員会に健康被害を訴えた。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/08/even-belgian-delegates-got-mad-at.html
国連はチェルノブイリの経験もあるし、全く信用していないが、しらないふりを後からされたくなかった。


今年の1月、福島県警から電話があった。1月28日の夜だったが、担当刑事が帰った後で、29日に刑事告訴を受けたことを聞いた。
理由はエートスの同じ専門家が福島にやってきて、福島のエートスができたのを知り、とんでもない、人体実験と同じだとツイートしていたら、侮辱罪で刑事告訴を受けた。


実際、刑事が3人私のアパートに来て、翌日は那覇警察署の取調室で調書を取られた。
福島の刑事さんたちは感じが良かった。今までの活動を洗いざらい話した。また科学的なことも話した。事故前から被曝の本の翻訳をしていたので、科学的に議論する知識はあるつもりだ。
それで刑事さんにも抑えてほしいところは科学的にも抑えて、人体実験の根拠を話した。


刑事さんは最後にこう言ってくれた。「竹野内さんは僕の人生の先生見たいです。いろいろ教えてくれてありがとうございました」http://takenouchimariessay.blogspot.jp/2014/02/blog-post_16.html


でもその後に書類送検はされねばならなかったので、書類送検され、検察官も来た。
検察官は感じもよかったが、取り調べ中はほとんど私の話を聞いていてガス抜きをしている感じがした。
でもエートス側の人を立てるような起訴猶予という結果。ただし文書には書いていなかった。


日本のマスコミはすべて無視した。フリーランスの人も含めて。すごくがっかりした。
国境なき記者団が書いてくれて、助けられた。http://en.rsf.org/japan-nuclear-lobby-still-gagging-11-03-2014,45980.html




川内原発もボーリングコアの話をした学者が同じ日、1月29日に刑事告発を受けている。
http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/11/scandarous-sendai-npp-to-restart.html
日本は原発問題で真実は言わず、国全体がコントロールされている。
マスコミはまったくやらない。


また弁護士もおかしい。嫌がらせ者の中に弁護士までいた!あまりにひどいので日弁連にも公開質問している。http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2014/03/to-jpn-bar-association.html


もうひとつどうしてもしらせたい事件がもんじゅ西村事件がある。
医療カルテで殺人事件が起きているのに、殺人事件として扱わなかった人が反原発の有名な弁護士にいる。http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/blog-post_1741.html
警察だけでなく、反原発の弁護士が隠していることがおかしい。


あと、ネット工作員に関しては、電通とか博報堂などが時給2000~4000円で派遣社員を雇っていると言う内部告発ブログがあった。罵詈雑言チームや安全神話チームなどに分かれ、学者などもつながっているらしい。電通だと電通連絡部というところがあるらしい。http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/11/2040-us-h-for-net-spies20004000.html




沖縄は別だ。辺野古問題があのように盛り上がり、選挙も盛り上がった。


本土は原発、被曝問題がヤバい。
ヤバいながらもやらねば、生き残れないのでやっている。
まずは情報収集、そして自分の所に貯めないですぐに拡散する事。
それから余裕が出たらブログに書いたり、語学ができる人は他の言語に訳す。
記事を書く。ジャーナリストは資格試験を受けてなるものではない。どこかに書けば、誰でもなれる。


マスコミが仕事をしていないのだから、良心を持つ市民がやらねばならない。
動画も自分で撮る事だ。動画をやる団体もあるが、嫌がらせがあった。ネット工作員を紹介されたりなど怪しいことが。それから期間が過ぎると格納されてしまう事もある。
だから自分で撮って拡散することだ。


ただし、国際会議やいろんなイベントはおおいに参加すべき。情報収集のため。
ただ私は経験から100%信用しない。


権力側に居たら、必ず団体には人を送り込むであろう。
反原発で100%信用できる団体はない。
また何かやる時には、いきなりやった方が妨害がはいらなくてよい。
今は道具がある。インターネットやブログが使えるからこういったものを活用すべき。

















市民活動は一人でもできる時代。(反原発や反被曝団体には怪しい人が入ることが多い。。。)
生徒さんからのQ&A。良い質問が多く、また感想もよいものをたくさんいただき、感謝です!


~ラフな文字お越し~


竹:(今は道具があるから一人や少人数でも)これは絶対必要と思う事は、どんどんやっていく時代だと思います。


司会:インターネットなどを使い、情報を集め、発信し、一人でも活動をしている竹野内さん。一人でもできる市民活動の話でした。活動するうえでの問題点や怖い事も話していただきました。
皆さん、新しい話も多かったのではないでしょうか?
残りの時間で質疑応答や感想をどうぞ。


竹 すみません、ひとりでべらべら話してしまって。


司会:いえいえ、そのために来ていただきました。


Q 先生のようなフリージャーナリストは日本にどのくらいいるのですか?


竹:いや~その答えは・・・わかりません。
私はただのおばちゃんで、先生でもないのですが。
でも、残念だったのは、エートスの刑事告訴を受けた時に、助けてくれた人々は皆、名がない人達でした。名があるジャーナリストは一人も助けてくれませんでした。
私は以前TV制作会社でバイトをしたこともあるので、ジャーナリストを知っています。ある人にメールで相談したら、こう返事が来ました。
「原子力をカバーしている人で竹野内さんの事件を知らない人はいないのだけれど、誰も身動きが取れないのです」と。
で、実際に身動きをとってくれた人は一人もいませんでした。
「再稼働反対」まではマスコミは言えるんですよ。でも「子供を逃がせ」が言えないんです。


琉球新報さんでさえ、沖縄の新聞は本土よりぜんぜんいいのに、一度記者さんが、エートスの事件を書いてくれることになり、記者さんはべた記事にはしない、三段抜き位にすると言っていたのが、上層部で結局止められた。(ちなみに沖縄タイムズは記者も出しませんでした)


しかも福島の健康被害は書けないと言う。


今、福島では103人の甲状腺がんの子供が出て、肺がん転移が2人も出ているというのに。
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/08/2-thyroid-cancer-fukushima-kids-had.html


はっきり言って一時保養では間に合わない。


私の祖母は福島で、母は福島出身。福島は山に囲まれている。あそこに花粉のように積もってしまった放射性物質は風に吹かれて飛んでくる。あんなところに子供を居続けさせるのが信じられない。


当たり前の事なのに、それを言うジャーナリストを私は知らない。
良い質問でした。ありがとう。


司会:さっきも言ったように、誰か「私発信したいわ」と思ったらその人がジャーナリストですね。


竹:そうです。よほど有名な人よりも名もない人たちが助けてくれました。
ネット上でも。あとカンパも集まりました。
するとネット工作員が私を「カンパ詐欺」と騒ぎ立てましたが(笑)


本当に有名な人とか、弁護士さんでは特に大変な思いをしました。ブログを見て下さい。


原子力村の殺人まで隠す人が弁護士ですし、20万円やるから情報室を私が首になった事を黙っていてくださいと言ったのも弁護士。(注:「20万円で真実が語れなくなるのは嫌なので、頂きません」と当時はお断りしました)http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/2013/06/blog-post.html


情報室には2人の弁護士の役員がいて、一人がもんじゅ西村事件http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/blog-post_1741.htmlでX線写真で骨ひとつ折れていないのに飛び降り自殺とされた事件を、刑事事件として扱わなかった人が一人、そして20万円やるので首になったのを言わないでと言った弁護士が一人。これらの人々が『日本と原発』という映画製作にまで関わり、反原発運動を牛耳っている。


ジャーナリストなら知っているはず。私も散々情報を出しているし。
それをよってたかって皆で隠している。


だから私はジャーナリストを信用していない。だったら一人で活動します。


司会:民主主義国家のはずなのですけどね。そうなっていない。少しはそこがわかったでしょうか。
沖縄だったら辺野古反対でも何も起きない。


竹:再稼働反対までならいいんですけど、「子供たちを逃がせ」が危険が及ぶ。


司会:朝日新聞も健康被害なしと報道しましたし。
竹:えええ、朝日が健康被害なかったと?いつの話ですか?
司会:何か月も前に。なしと決めた。でも実際は・・


竹:103人も甲状腺がんが出ているときに。3000数人に1人ですよ(注:すみません、実際は今、3000人以下に1人の計算でした)、事故前は多くとも10万人に0.6人なのに。


手術するとリンパ節とかにだいたい転移している。甲状腺がんは治るなんて言っているが、信じられない。子供のがんが転移していると言うのに。


司会:結論がもう決まっているんですね。学者先生たちはそこにもっていく論理にすごい苦労している。しかも権威が落ちないように。そういう学者とそうでない学者がいる。


竹:そういう学者が圧倒的に多いです。


司会:何も言わない人もね。


竹:ところで原子力は誰が導入したか知っていますか?読売新聞社の元社主がCIAのスパイで、ポダムという暗号名も出ている。早稲田大学の有馬先生が、「原発、正力、CIA」http://www.amazon.co.jp/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%83%BB%E6%AD%A3%E5%8A%9B%E3%83%BBCIA%E2%80%95%E6%A9%9F%E5%AF%86%E6%96%87%E6%9B%B8%E3%81%A7%E8%AA%AD%E3%82%80%E6%98%AD%E5%92%8C%E8%A3%8F%E9%9D%A2%E5%8F%B2-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%9C%89%E9%A6%AC-%E5%93%B2%E5%A4%AB/dp/4106102498で書いている。米国のCIAが入れたものだ。
史実としてわかっているのに、今度秘密保護法の座長が、また読売の社長だ。
Q:市民活動のきっかけが「劣化ウランの赤ちゃん」という事ですが、どのような先天異常だったのですか?
竹:形になっていない赤ちゃんもいました。人なのかどうかもわからないような。水頭症なんかもよく見られますし。すみません、医者でないので具体的に言えないです。ネットで検索するとあります。


でも国連が遺伝的影響がないことにしているんです。動物実験ではわかっているのに。劣化ウランに関しては国連が小委員会とかでは、影響があると言う決議案が出ているのに、IAEAが健康被害がないと公式発表していて、国連全体では否定している。


罪のない子供たちが。。。子どもとか赤ちゃんは口がきけない。だから怖い思いしても、子供たちのためにやらねばという思いは強い。


司会:福島の子供たちも、原発を建てようと決めていない。前の代で決まったものが後の代に影響が出ている。


竹:(中国の留学生に)すいません、中国ではどうですか?


中国の生徒:今、12基建設中です。


竹:私、中国の反原発活動家にあったことがないのですが、禁止ですか?


司会:禁止ですよ。(笑)


竹:すみません、ナイーブな質問を。中国怖いです。この間香港の人が言っていましたね。


司会:近いから注意しないと。


竹:日本が事故した後に、フィリピンもそうですが、アジアに売りつけようとしているのが本当に何とも言えません。







司会:自分の所で作れないものをよそにもっていくと言う。。



竹:米国もそうですよね、スリーマイルの後に。


司会:米国は日本に対してそれをやりましたね。


(チャイム)


最後に竹野内真理先生に皆さんでどうもありがとうございました~







****************
案の上、予想していたことではありますが、この動画を公開したら、ネット工作員たちがyoutube動画にNo goodのボタンを押し、また以下の虚偽内容のツイートを拡散させています。


以下の@lllpuplllは普段いいツイートをしながら、2年以上竹野内に対し、嫌がらせの限りをしてきたアカウントです。本当に気味が悪いです。(ここに彼のことは書いています。。。http://savekidsjapan.wordpress.com/2013/11/14/shady-people-on-twitter-attacking-me%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%83%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%a7%e5%a4%9a%e3%81%8f%e3%81%ae%e4%ba%ba%e3%81%ab%e5%ab%8c%e3%81%8c%e3%82%89%e3%81%9b%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91/


新聞読むな!小沢一郎・亀井静香日本救え! ‏@lllpuplll 6時間前
○○○○(担当教諭の名前)(←誰かしらないけど)という女?も終わりでしょう。竹野内が矢ヶ崎克馬さんや、肥田俊太郎さんを罵り、広瀬隆さんをコメディアン扱いしたことを知らないのかな?:沖縄大学の吉井美知子教授は竹野内真理氏による一般人への誹謗中傷や罵倒


これに対する竹野内の返信
Mari Takenouchi竹野内真理 @mariscontact  ·  1時間前
あなたがたこそ、名誉棄損で訴えたいところです。私は広瀬隆さんをコメディアン扱いしたことなどありません。どうして虚偽のことを言えるのか? 矢ケ崎先生や肥田先生の件はあったことの事実を申し上げたまでです。共産党はエートスに賛同なのですよ!




(上記の@lllpuplllについてですが、まずは担当の先生に大変失礼。謝罪してほしい!
また私は広瀬隆さんの愛読者で上記のlllpuplllの発言は完全な作り話。


他二人の方々についても、私は事実を述べているだけ。根拠なく私を誹謗中傷し、罵倒するのは、匿名で卑怯なネット嫌がらせ者たちだと思っています。ネット工作員のように根拠なくののしる行為をした覚えはありません。以下のブログに書きました)


http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/10/blog-post_26.html







以下のブログにも書いた、「竹野内の福島出身の母も激怒している」いつもの嫌がらせ者たちがここにhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/2014/03/maibaba311ohagiyapromisedlandchlothilde.html


下谷七香氏(東北の復興を応援している株式会社ラフコの社長!)に関しては、うちの福島出身の母親もかんかんに怒っています。↓
     下谷七香 @rafcocc  ·  13時間前
これは沖縄大学に子供さんを通わせていらっしゃる保護者の方から学校に対して事情説明を求めるべきだし、場合によっては文科省に問い合わせた方が良い内容じゃないです?(´・ω・`)




この人物は、なんとネット上でセクハラを受ける私のことを逆に、「竹野内真理はセクハラ女」とデマを拡散した悪質な匿名人物↓


月子 @tsukiko0000 2014-11-29 14:45:41
「 えええええええ!!!!月曜抗議電話します!!!!」

この人物は刑事告訴下の竹野内をさらに他の人々で告訴してやろうと呼びかけた「自称福島からの避難母子」で福島出身のうちの母も激怒している→Mai @maibaba311 2014-11-29 17:54:16
「竹野内真理が沖縄大学の学生さんたちの前で話した事は事実と異なる部分が多く含まれている。沖縄大学は最後まで責任が取れるのか。抗議の電話をします。」


→思った通り、沖縄大学に複数の苦情電話が舞い込んだそうです。
竹野内に講義をさせたことで。。。担当の教授は気にしないとおっしゃってくださいましたが、上の方々に私は抗議したいと思います。


*******


思った通り、いつもの工作員が私の沖縄大学での講義に罵詈雑言、いつものようにまとめまで作っていたtogetter.com/li/751712#c169


(竹野内真理に対する罵詈雑言のまとめは今までなんと200以上作られている。全部読めない量だし、読む価値もない内容。)


許せないのが、ベトナム問題に以前から取組み、素晴らしい活動をしている担当教諭や、良い授業を提供する沖縄大学まで悪口を言っている事。


こちらのページは、私がエートス代表から刑事告訴を受けた時に立ち上げた竹野内真理エッセイにもあります。刑事告訴関連についてご興味のある方はどうぞ。
http://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2014年8月6日水曜日

Mari's speech at Taiwanese Legislature, NY Academy of Medicine and Foreign Correspondence Club in Japan (English speech with text)





"UN and Nuclear Makers Need to be Condemned" at No Nukes Asia Forum
Takenouchi's speech content was covered by Taipei Times.




 
March 12, 2013 NY Academy of Medicine,
Lunch Time Session Speech made by Mari Takenouchi



皆さんこんにちは。このように話す機会をいただいて感謝します。またこの国際会議にも感謝をささげます。優秀で高名な講演者の方々の話を通じ、たくさんのことを学ぶことができました。ただ、ひとつ、最も大事なことが抜けていると思います。それは、今福島や東日本で何が起きているかということです。実際、すでに症状を呈している人々がいます。午前のセッションでも、福島ですぐに症状を呈した人の話をした人がいました。


Hello, everyone. Thank you for giving me this opportunity. I really appreciate this conference very much, and I’ve been learning a lot through excellent and esteemed speakers. But I felt one most important thing was missing. That is what is happening in Fukushima and East Japan. Actually, already there have been people who have been showing symptoms. In the last session, there was a professor who was talking about the immediate emergency of symptoms that has been happening in Fukushima.

私は鼻血を出したり、嘔吐したり、下痢をしたり、全身に発心が出ている子供たちの話をたくさん聞いています。こういったことはとてもよくみられるので、事故後はよく話がされていましたが、今は慣れてしまったせいもあるのか、あまり話がされなくなりました。また先ほどの先生がおっしゃったように、各種医師会や、政府側の医師たちは、放射能が原因であることが明らかである症状についても、隠ぺいしようとしています。

We have heard a lot of stories of children who got nosebleeing, vomiting, diarrhea and rashes all over. It was so common and people started to talk about it right after the accident. But now people got used to it, and they don’t even talk about it. And as the previous doctor who made a speech has said, government sided doctors on the top of medical societies in Japan are trying to conceal these kinds of symptoms are happening apparently because of radiation effects.

そればかりか、1,2か月前に、日本医師会に私は電話を掛けたのですが、彼らからの回答は、「放射能による健康被害は、いままでまったく検知されていません」でした。これが医師会の態度です。私は彼らは犯罪的だと思っています。というのも、私自身、鼻血、下痢、嘔吐、その他の症状を訴える多くの人々を見てきたからです。そして、さらには、私自身がそのような症状、まったく一緒の症状ではありませんが、出たからです。ご説明いたします。

And they are saying on top of these thingsonly about one or two months ago I made a phone call to the Society of Medicine in Japan and their answer was ‘We haven’t found any health hazards so far caused by radiation.’That’s their attitude. I think they are criminals, because I have seen a lot of people who have been complaining about nosebleeing, diarrhea, and vomiting and whatsoever, and on top of that, I myself have experienced such kind of …not exactly the same but, let me explain.

私は当時、福島ではなく、原発から200km以上離れた東京にいました。私は普段翻訳をやっており、放射線関係の本を3冊訳しており、どのくらい危険なことか知っていたので、東京から沖縄に避難しました。しかし、避難のタイミングが悪く、3月15日の午後に避難しました。ご存知の方もいるかもしれませんが、15日の午前中は、非常に放射能の濃い雲が東京を通過していました。1m3あたり、1時間で1000Bqという雲が通過しており、東京都はリアルタイムにこの値を計測していました。

I was in Tokyo and not in Fukushima, more than 200 kilometers away from the nuclear power plant. Since I do translation as well, and I have translated three radiation-related books, and since I knew how dangerous it could be, I evacuated from Tokyo to Okinawa. And the timing of the evacuation was really bad for me because I evacuated in the afternoon of March 15th and maybe some of you might know that in the morning of March 15th, a very thick radioactive cloud was passing through Tokyo, and you would be surprised, per cubic meter more than 1000 becquerel of radiation cloud was passing, and the Tokyo Metropolitan Government was measuring that real time.
東京都は、13日から大気中の放射能ダストをリアルタイム計測しており、14日の夜からは、値が上昇していくのを見ていました。ところが、東京都は、このことを住民にまったく知らせませんでした。福島でも同じことで、非常に濃い放射性プルームがあちこちに行き来する中、ほんの一部の人々しか、避難や屋内退避の必要性を告げられませんでした。東京で計測していたのは東京都産業労働局ですが、ここは正確な計測機会を持ち、放射性ダスト計測をしていたのに、住民に知らせませんでした。
They were measuring the real time radiation particles from the 13th; and from the evening of the 14ththey were watching the figure going up, but they didn’t let the residents know about it all. And so was in Fukushima and people only in a very very small circles were to told to be evacuate or stay indoors, but this very thick radioactive plume was moving around, and even though some organization, that organization was the Tokyo Metropolitan Government Industry Bureau had this precise machine measuring the particles, they didn’t let the residents know.
私ももちろん知りませんでした。私は1歳の子供を背負って自転車をこいでいました。その日は何の症状も出なかったです。私は何も気づきませんでした。しかし1か月後くらいに、私は息子とともに、高熱が出始めたのです。私の熱は39度以上で8日間も続き、その間、まったく下がることがありませんでした。
And I didn’t know either, of course, and I was riding a bicycle with my one-year old boy, and there was no symptom on that day, and I didn’t know anything about it. But about one month later, my boy and I suddenly gothigh fever, and my fever was more than 103 degrees Fahrenheit, or in Celsius, more than 39 degrees, eight days continuously, never dropping.
私は病院に行き、インフルエンザの検査をしましたが、インフルエンザにはかかっていませんでした。X線検査もしましたが、なにも異常はありませんでした。その後、非常に濃くて黄色い痰が・・・すみません、皆さん食事中なのに(笑)、とにかく痰が出続けたのです。今でも、2年たった今でも、痰が絡まっているような感じがあります。そこで耳鼻咽喉科に最近行きましたら、医師が私の鼻の穴にチューブを入れて検査しました。私は何のアレルギーもないのですが、私の鼻腔と咽頭の間は炎症を起こしているそうで、これが不快な感覚の原因だったのです。
And I went to the doctor, and I took a flu test. I didn’t have any flu. I had an X-ray – nothing; and after that I got this phlegm, very…yellowish and thick, phlegm, I am sorry you are eating (laughter from the audience), but anyway, it kept coming out, and even now I have this kind of stuck-phlegmfeeling, even now, even after two years. So I went to the nose-throat doctor quite recently and the doctor brought a tube into my nose. I am not allergic to anything but he found some inflammation between my nostrils and throat, and that was the reason for irritation.
そして私の息子のほうですが、私の息子は事故が起きる前まで非常に健康な子でした。1歳4か月でしたが、風邪をひいて熱を出したことは一度もありませんでした。私は翻訳を仕事としているので、自宅で時々翻訳をやるために、子供を昼間、たくさんの子供たちがいる場所に預けていました。他の子供たちが風邪をひいても、私の子にはうつりませんでした。1歳4か月までそうだったのです。
And my boy, oh my boy was so healthy until that accident. He was one year and four months old, and he had never had any fever by catching cold, and since I am a translator, I sometime translate at home, and I took him to daycare where many children were playing around, and of course some children got colds, but my boy was fine, never a single cold until one year and four months old.
しかし私が熱を出し始めたとき、息子も38度以上の熱を出し始め、上がったり下がったりしました。なんと3か月で13回も発熱を繰り返しました。私は心底ショックを受け、神経が壊れそうになりました。母子ともに被ばくをしたのだと、すぐに気づきました。私はインターネット検索をしていて、東京都のリアルタイム計測値も見つけていました。その数値を見たとき、私は仰天しました。m3あたり、1000ベクレル以上もの空気を吸入していたからです!
But at the same time, when I started to have high fever, he also had high fever, about 101 degrees Fahrenheit, more than 38 degrees, on and off, thirteen times in three months. I was so shocked you know, and nervous, and I immediately realized that oh, we were exposed. And I somehow checked the internet and found out that the Tokyo Metropolitan Government real time measurement figures, and I was like freaking-out, because more than 1000 Becquerel per cubic meter of air we have inhaled!
東京都が3月だけでも、東京都の住民が3600Bq吸い込んでいたというデータをインターネットだけで発表したのは、数か月後のことでした。ですから、東京の人々も確実に放射能被曝しています。もちろん、屋外にいたか、屋内にいたかでかなり違います。私はたくさんの母親から、私と同じように具合が悪くなったり、子供が具合が悪くなった話を聞きました。そして医者に行き、甲状腺を調べたり、たくさんの子供たち、そして母親にものう胞が発見されているのです。
About some months later the Tokyo Metropolitan Government announced only on the internet that Tokyo metropolitan residents had inhaled 3600 Bq of particles, radioactive particles in March alone. So, even Tokyo people have been exposed to radiation, that’s for sure. Of course there is a big difference if you are outside or inside, and actually I have heard a lot of stories from mothers who got sick like me, and whose children got sick and they went to the doctors, and they checked the thyroid, and lots and lots of children and even mothers have cysts.
私自身も甲状腺検査を受けました。私は2つの小さなのう胞があります。私の息子は、微笑ののう胞が数えきれないほどあります。実はこの検査は、A先生がしてくださったものです。彼女は大阪の子供たちの検査をしたところ、ほとんどの子供たちには小さなのう胞も見られなかったが、東京では多くの子供たちにのう胞があったといいました。
I myself got my thyroid tested. I have two small, small cysts in my thyroid, and my boy has countless very minute cysts all over. And actually this test was conducted by Dr. A, my dear friend doctor, and she is actually working in Osaka, the west side of Japan. She checked Osaka children, and almost no children there have minutesized thyroid cysts; but when she checked children from Tokyo, many children had them.

* 2014年3月、私と息子は甲状腺の専門医に診てもらったところ、息子の甲状腺は正常でした(なんと安堵したことか!)しかし私の甲状腺は2倍に腫れており、橋本病に罹っていることがわかりました。

*In March 2014, my son and I got rediagnosed and found out that my boy's thyroid was OK (what a relief!) but my thyroid was swallen double the normal size and I had Hashimoto's Disease.
 
これは何を意味するのでしょうか?私は一番大事なことは、東京の子供でさえも異常が発生しているということです。もちろん先ほどのA先生は福島も訪問し、写真を通じて、どのくらい子供たちの状態が悪化しているか知らしてくださいました。福島の子供たちは、実際危険にさらされています。
So what does this mean? I think this is the most important thing. Even Tokyo kids are showing abnormality. Of course, Dr. A went to Fukushima as well, and just showed you how bad it is through pictures…Some of you must have missed it, so please ask her to show the pictures. Fukushima children are in danger really.
ですから私たちが今しなければならないのは、これらの子供たちをいかに安全な場所に避難させるかということです。さもなければ、子供たちは・・・チェルノブイリの経験から、がんだけでなく、あらゆる種類の病気になることを知っていますよね。私は東京で多くの人々が3600Bqも吸入してしまったので、肺がんを心配していますが、糖尿病の話も聞きます。
So what we have to do now is to find some way to evacuate these kids tosafe area; otherwise, I am sure that lots and lots of kids will be –from Chernobyl that we know that it’s not only cancer but all sorts of diseases …and I myself and very worried about lung cancer and since we have inhaled, so manynumber of people have inhaled even in Tokyo 3600 Bq, and I heard some stories about diabetes.
福島の子供たちの間でさえ、糖尿病が増えているというのです。これは何を意味するのでしょうか?それから福島県の南部に位置する茨城県では、心臓の異常率が増えているのです。子供たち、中学生の間でです。ですからすでに病気が表れてきているのです。
Diabetes is getting high even among children in Fukushima. What does that mean? And also, heart anomaly rate has been increased in Ibaragi Prefecture, just below Fukushima Prefecture, among children, junior high school kids. So it is already coming out
私は、この話が一番、緊急な話題だと思っています。私たちが何かをしなければ、子供たちの命を救うことはできません。私たちが必要なのは、学問的研究ではありません。私たちが必要としているのは、子供たちを避難させる方法です。ありがとうございました。
So I think this side of story is the most urgent subject.And unless we do something, we cannot save children’s lives. We don’t need a study. We just want a way to evacuate kids. Thank you very much.

追記:

この発表をした後、当日現地におり、米国在住の平沼百合氏に誹謗中傷され続けています。私は頼まれて発表を行い、健康被害が東日本であるのは現実であり、もっとも重要な話ととらえており、なぜ批判されるのか理解できません。平沼氏は放射線問題も詳しくカルディコット医師の通訳までしたこともあり、本当に悲しく覆います。

Post Script:

After this presentation, I have been continuouly slandered by Ms. Yuri Hiranuma @YuriHiranuma who attended this conference.  I made this presentation on the request of Kazko and the health hazard issues are real in East Japan, which I believe is most important.  Ms. Hiranuma is well informed about radiation issue and even was an interpreter when Dr. Caldicott came to Japan.  I really do not understand why she slanders me for my making above presentation and I feel quite regretful.

追記2:

しかし2013年8月、私の話を聞いていてくれた米国の学校関係者が下村文部科学大臣に公開書簡を送り、Japan Timesが掲載してくれました。驚いた事に、米国の学生で東北を訪れた人の中にさえ、嘔吐や鼻血などの症状が見られたので、留学プログラムを延期することにしたという内容です。http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2013/10/did-you-read-letter-on-japan-times.html

Post Script 2

However, I got to know that my visiting to NY was at least meaningful for the following person.  A US school related worker who obviously heard my speech wrote an open letter to Mr. Hirofumi Shimomura, Minister of Education, regarding the symptoms such as vomitting and nosebleeding among the US students who visited Tohoku area of Japan.  The person recommended the postponing of the program to Japan, after realizing that the symptoms could be caused by radiation. http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2013/10/did-you-read-letter-on-japan-times.html


***********************************************************


No More Hibakusha No More Nuke Power Press Conference by Mari Takenouchi
 
 

This press conference was praised by the former vice chairman of FCCJ
この会見は外国特派員協会元副会長、理事の渡辺晴子氏にもおほめ頂きました。http://www.rosetta.jp/fccj/111212.html

しかし、5,60人もの記者がいたのに、全くカバーされず。
原発導入と被曝と健康被害の問題はいまだにタブーなのか?
The above press conference was praised by a former vice chairperson of FCCJ, but not covered by any media though there were as many as 5~60 journalists there...

Are health issue due to radiation exposure and introduction of nuclear power by CIA still a taboo?

I wanted to hold a press conference for ETHOS criminal assucation case in May 2014, but it was not accepted this time due to the concurring Ohi Nuclear power plant judgement, which was considered to be more of a priority...

今回エートス刑事告訴を受けてからずっと打診していたのですが、大飯原発差し止め裁判の方が優先されるとして、見送られることになりました。とても残念です。経緯について以下のページの前半部分に少し書きました。http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2014/03/to-jpn-bar-association.html


2011年11月15日、外国人記者クラブ
ノーモアヒバクシャ!ノーモアゲンパツ記者会見

広島から福島まで、ヒバクシャを一堂に介した歴史的な会見です。

Nov 15, 2001 Foreign Correspondents' Club in Japan
No More Hibakusya! No More Nuke Power!

A Truly Historical Press Conference made by Hibakushas (radiation exposed people) from Hiroshima to Fukushima

スピーカー
肥田舜太郎、医師、広島被爆者
大石又七、核実験被曝者、元第五福竜丸船員
梅田隆亮、元原発労働者
佐藤幸子、子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク世話人
竹野内真理、フリーランスジャーナリスト、翻訳家
(スピーチと質疑応答は、日本語と英語通訳付き)
Speakers
Shuntaro Hida, Physician & Hiroshima A bomb Hibakusha
Matashichi Oishi, Hibakusha, Former Lucky Dragon Crew
Sachiko Sato, Representative, Fukushima Network for Saving Children
from Radiation
Mari Takenouchi, feelance journalist, translator
Ryusuke Umeda, Former Power Plant Worker


竹野内真理、ジャーナリスト、翻訳者  Email:  mariscontact@gmail.com

 
Mari Takenouchi,  Journalist, Translator  Email: mariscontact@gmail.com

 
99年に電源喪失事故のシナリオを米国人科学者から聞いてから、以来反原発の活動をしてきました。特に地震と原発の問題では、2002年にIAEAにも直訴に行きましたが、その時知り合いの上司であったIAEA職員が、「この問題はあまりに問題が大きすぎて、誰も手がつけられない。仮に日本で500万人が死んでもあきらめるしかない。原発を止める唯一つの道は国民全員が声を上げることだ」と言われました。その後もいろいろ活動しましたが、事故が実際に起きてしまい、無念で悲しくてなりません。

 
I became anti-nuclear when I heard a simulation of a station black out accident scenario from a US scientist in 1999.  To highlight the issue of nuclear power and earthquakes, I went to IAEA in 2002 to directly plea for halting nuclear power in Japan.  I remember a superior of my acquaintance in IAEA telling me, Ms. Takenouchi, this issue is too big for anyone to tackle.  5 million Japanese peoples deaths may not be able to be avoided.  The only way to avert such a situation is that every Japanese raise his/her voice to stop nuclear power. Since then, I have been trying to disseminate information about this issue, but in the end the accident still took place.  I feel so regretful and sad.今日は私は以下の三つのことを言いたいです。

I would like to tell you three things today.

1.
     福島やその他の汚染地帯から人々を、特に子供たちを直ちに避難させてほしいです。二日前に福島をたずねましたが、そこで行われていた体制側の学者によるシンポジウムで、福島はもうほとんど安全であるという発言を聞いて驚きました。同時に彼らは子供たちの線量を測り、健康調査をしているのです。なぜ避難をさせてから健康調査を出来ないのでしょうか?福島の子供たちをモルモットにしようとしているのでしょうか?米国と日本の政府が、悲しいことに、広島や長崎の被爆者にたいしてやってきたことを思えば、その可能性は大いにあります。福島の子供たちをどうか研究材料にしないでください。私も1歳児の母親として切に訴えます。

People, especially children in Fukushima and other contaminated areas should be evacuated immediately.
 I visited Fukushima 2 days ago and I was speechless when I attended a symposium held by government-sided scholars.  They keep saying that Fukushima is almost safe.  Meanwhile, they are getting the data of childrens radiation dose and are conducting health check-ups.  Why cant they let these children evacuate first and conduct medical check-ups afterwards?  Are they trying to use Fukushima children as their guinea pigs?  Regretfully, this is probable considering what the US and Japanese scholars did to Hiroshima and Nagasaki hibakusyas.  Please do not use Fukushima children for studies.  As a mother of a one year old, I would like to make a strong appeal about this to the world.

2.
     
日本の基準値500ベクレルは高すぎます。この部屋のどこかにゴメリ医科大学の創設者で元学長であったユーリ・バンダジェフスキーの論文をご覧になった方はいらっしゃいますでしょうか?彼の研究によれば、セシウムが体内に20Bq/kgの濃度で取り込まれますと、心臓に異変が起きやすくなるというのです。そしてICRPpublication 1112009)にあるグラフによると、1日たった10ベクレル、大人はだいたい12kgの食物を摂取しますから、基準値のたった100分の1のレベルであっても、70kgの大人であっても心臓に異変が2年以内に起こる可能性を示唆しているのです。さらに30kgの子供の場合は、100日以内です。ベルラド放射能安全研究所副所長のウラジーミル・バベンコ 氏の、子供の食べ物はゼロベクレルにしなければならないという発言が決しておおげさなものでないことがわかるデータであると思います。同時に汚染がれきが全国に流通するのは防がなければなりません。特にそれが燃やされた時、沸点が641度と低いセシウムは大気中の微粒子となり、容易に人に吸い込まれ、深刻な内部被ばくを引き起こします。

2.
     The limit of 500 Bq/kg is way too high.  Has anybody in this room read the study conducted by Yuri Bandazhevsky, the founder and the former director of the Gomel Medical Institute?  According to his study, when the cesium is incorporated into the body at 20Bq/kg level, functional abnormality in the heart is likely to take place.  Also, according to a graph in ICRP publication 111 (2009), intake of 10 Bq/day cesium, only one 100th of the Japanese reference level  would likely lead to heart abnormality within 2 years! (Considering that an average adults eats nearly 2kg of foods daily, if they eat upper limit of 500Bq/kg food, daily intake is 500Bq/kg ×2kg=1000Bq/day.  10Bq/day =1/100 of 1000Bq/day) From this graph, we can tell that the statement saying childrens cesium food intake should be zero Bq by Dr. Uladimir Babenka, Deputy-Director of BELRAD Institute is not an exaggeration at all.  At the same time, contaminated debris should not be distributed all over Japan.  Especially if it is burned, cesium, with a very low boiling point of 641 degrees Celsius, will become fine particles in the air which can be easily inhaled by people, causing serious internal exposure.

3
.原発は稼働している場合ではないと思います。福島事故の後でも原発を日本で稼働させ、またさらに海外に輸出しようとしている日本政府の行動はまったく狂気の沙汰です。現在でも日本国中で地震は発生しており、近い将来第二の福島原発事故が起こる可能性はおおいにあります。さらに福島の4号炉は、稼働中でないにも関わらず、爆発しました。したがいまして、使用済み燃料プール周りの構造物は耐震設計を強化する必要があります。どうかこれら三つのことを行い、子供たちの命、将来の命そしてみなさんの命を守ってください。ありがとうございました。


Nuclear power plants are not supposed to be operating.  It is totally insane for  the Japanese government to continue the operation of nuclear power plants in Japan even after the Fukushima accident. It is even still trying to export nuclear plants to overseas.  There have been earthquakes quite frequently now all over Japan and there could be the 2nd Fukushima accident anywhere in Japan in the near future.  On top of that, Fukushima No 4 exploded even though it was not operating.  Hence, structures of and around spent fuel pools should be enhanced against coming earthquakes all over Japan. By doing these three things, please save childrens lives, lives of the future generations and lives of your own.  Thank you very much.



肥田舜太郎(広島原爆被爆医師)

 Dr. Shuntaro Hida, Hiroshima A-bomb survivor, Physician



19458月、私は広島陸軍病院に勤務していました。6日朝は6キロ離れた村に深夜往診をして幸い原爆の直爆死を免れました。

In August 1945, I was working as a doctor at Hiroshima Military Hospital. On the morning of the 6th, I happened to be 6km away from the hospital as there had been an emergency house-call on a child patient late at night and luckily, I was not killed by the direct hit of the A-bomb.



それから65年間、私は多くの被爆者を診療してきました。直爆を受けた人々の死は壮絶でした。火傷や外傷とともに、発熱、紫斑、目、鼻、口、陰部を含む体中からの出血の急性原爆病で死んでいったのです。

Ever since, I have been looking after thousands of hibakusyas for 65 years. I saw some of the horrendous deaths of those directly hit by the A-bomb. Besides terrible burns and wounds, they developed highfever, purple spots, and finally died from massive bleeding from their bodies including mouth, nose, eyes, and genitals etc.



しかし、医師である私にさらに強烈なショックをもたらしたのは、あとから入市した人々が似たような症状を呈して死んでいった姿でした。

But what was even more shocking to me was that people who came to Hiroshima afterwards also developed similar symptoms and died.



以来私は、生涯、不明の病気で苦しんだ、放射性物質を体内に取り込んだ内部被曝者を数多く診察しており、彼らこそを核の時代の最大の被害者だと感じてきました。

I have continued to see patients who have suffered unknown diseases throughout their lives due to the internal radiation exposure caused by the intake or inhalation of radioactive materials into their body. I believe they are the most prominent victims of this nuclear age.



ところがマッカーサー将軍が、原爆被害を米軍の軍事機密に指定し、被爆者には「喋るな、書き残すな」と命じ、医師、学者には被害の研究を禁止して、違反者は重罪に処すと宣言したため、占領下の7年間、被爆者は放置されたままにされました。

However, under occupation after the war, General MacArthur made hibakusyas a military secret and issued the official order not to talk and write about them. They also prohibited physicians and scholars to study hibakusyas and proclaimed that those who violated the order should be severely punished. Thus all hibakusyas were totally ignored for 7 following the war.



さらに、1949年に廣島と長崎に設立されたABCC(後の放射線影響協会)が、「内部被曝は放射線が微量で、人体には全く無害」と強力に宣伝したため、「だるさ」を訴える内部被曝者の慢性症状「ブラブラ病」は神経症状とされ、中には仮病とまで言われて、被爆者の苦しみをさらに広げました。

Moreover, the Atomic Bomb Casualties Commission (later known as the Radiation Effects Association) strongly disseminated the phrase,Internal exposure is harmless to the human body because the radiation

level is so low. So, hibakyusa suffering from so called A-bomb burabura disease (extreme and persistent chronicle sluggishness) were told neurosis or fake, which added more suffering to lives of the hibakusya.



私は原発労働者の中にも、ぶらぶら病の症状を呈した患者を診たことがあります。電力会社は今までたびたび放射能の放出を伴った原発事故の直後に「健康には影響がない」と発表してきました。医師でもない電力会社の責任者がなぜそのようなことが言えるのか。真面目に言っているとしたら茶番です。

I have also seen burabura disease patients among nuclear power plant workers. Electric companies have often announced that there was no damage to human health right after a nuclear accident. But how can a

person from an electricity company, who is not even a doctor, assume that there is no health damage immediately after the accident? To my eyes, these announcements are like lines from a self-produced stage

production.



今回の福島原発事故でも、労働者が三人が亡くなっていますが、電力会社は放射能との因果関係を否定しています。どのような根拠で否定できるのでしょうか。

After the Fukushima accident, three nuclear power plant workers have died and Tokyo Electric Company have denied any causality from radiation. How can they prove that there is no relationship with radiation?



実際私の元には、数百人の相談者が既に来ており、鼻血、下痢、発熱、甲状腺の腫れ、紫斑の出ている子どもも出ています。福島や東北地方はもちろん、東京を含む関東、遠くは山梨県や静岡県からの相談もあります。

In fact, hundreds of people consulted me after Fukushima accident, whose children are suffering nose bleeding, diarrhea, fever, swollen thyroid, purple spots not only from Fukushima and North Eastern Japan,

but also from Tokyo metropolitan area and as far as Yamanashi and Shizuoka.



子供さんに放射線被害の初期症状がでた福島や関東平野の母親は、これから、どう生きたらよいのか深刻に悩んでいます。放射線は自分の家族だけの安全を許しません。

What can mothers do when their children develop these symptoms? I am seriously worried myself as I don't know exactly what they can do. Nobody or no family can now be totally safe from radiation in Japan.



人類にとって唯一の生き延びる道は原爆、原発を全廃することだけです。ありがとうございました。

The only way for us all to survive is to abolish both nuclear weapons and nuclear power plants in the world. Thank you very much.
 
 

ビキニ水爆実験被爆者 元第五福竜丸乗組員 大石又七

Matashichi Oishi, former crew of the Lucky 5th Dragon, Hibakusya from Bikini nuclear test

 

福島原発大事故は今から五七年前に起きたビキニ事件の原点にさかのぼって考えなければ正しい答えは出てこないと思っています。誰がなぜ、危険な原発を地震大国である日本に導入したか、そこが一番重要なところだと思います。

 

I believe we cannot have a correct understanding of Fukushima nuclear accident unless we look back the Bikini Incident 57 years ago.  The most important point is, who and why a dangerous nuclear power plant was introduced to Japan, a most earthquake prone country.

 

1954年、私は元第五福竜丸という漁船の乗組員で、アメリカが広島に投下した原爆の約一〇〇〇倍という巨大な水爆実験に遭遇した被爆者です。その爆発で起きた『死の灰』を日本に持ち帰ったことから太平洋や大気圏が強力な放射能で汚染されていることが分かり大事件に発展していった、これがビキニ事件です。

 

When I was a crew member of Lucky 5th Dragon fishermen’s boat in 1954, I encountered a US Pacific thermonuclear test, approximately 1000 times as powerful as the Hiroshima A-bomb.  I became a Hibakusya.  By the fallout brought back to Japan, people came to realize that the Pacific Ocean and the atmosphere was strongly contaminated with radiation, which became a big news, later called as Bikini Incident.

 

後に残された資料からいろいろなことが分かってきました。一九四六年から一九五八年にかけてアメリカ軍だけでも、このビキニとエニウエトク環礁を使って六七回の大気圏核実験を行ない、合わせて一〇〇メガトンの核爆発を繰り返しました。この一〇〇メガトンの爆発は、なんと広島型原爆を毎日一個ずつ一八年間落とし続けた量というから驚きです。

 

  Various facts came to be revealed through archive materials.  From 1946 to 1958, the US military alone conducted 67 atmospheric nuclear testing at Bikini and Eniwetok Atolls, which was 100 megaton nuclear explosion in total.  Also, this 100 megaton explosion is equivalent to Hiroshima A-bomb dropped each single day for the duration of 18 years.  Isn’t this amazing?

 

水爆は巨大な爆発威力だけではありません。爆発と同時に恐ろしい放射能を撒き散らします。それらの放射能は半減期が何十年、何万年というもので人間の体内に入り込み、染色体を傷つけながら体の内側から攻撃するという内部被曝を起こしていました。染色体を傷つければ死産や奇形児の原因を作りだし、子孫へと繋がっていきます。

 

Thermonuclear bomb did not only give out enormous explosive power, but also scattered  deadly radioactive materials in the environment. The half lives of radioactive materials can range as long as dozens of years to even tens of thousands of years.  These materials can be absorbed into various parts of human bodies, harming the chromosomes and body tissues internally-this is called internal exposure.  This kind of damage can cause still birth, congenital defects, which could be transferred from generation to generation.

 

半減期の長い放射能が食物連鎖や風などに乗って地球上を漂い、誰のどこに取り付くかは現在の科学や医学では計り知ることは出来ません。これが見えない放射能の恐ろしいところです。貴方もすでに被爆者になっているかもしれません。

 

Even the modern science and medicine cannot detect where such long-lived radioactive material can travel in the winds and food chain, or who and which part of the body such materials can finally come down to.  This is the horror of radiation.  Maybe some of you might have become hibakusya already.

 

私は言いたいです、当時、核、放射能の恐ろしさをあれほど教え警告したのに日米政府は事件を握りつぶし隠しました。その結果どうなりましたか。核兵器も広島型原爆よりずっと威力を持つようになり、二万三〇〇〇発の核弾頭が実弾となって出来上がり、人類を脅かしています。

 

I want to say this.  In spite of citizens’ voices of concern against nukes and radiation in those days, the governments of the US and Japan smothered the incident and hid the facts.  What happened then?  Nuclear weapons become much more powerful than Hiroshima A-bomb and more than 20000 nuclear warheads are now threatening the entire humanity.

 

この重要な意味を持つビキニ事件を賠償もせず、わずかな見舞金、責任も核実験も容認してその見返りに水面下で原発を要求したのです。この人たちにこそ重大な責任があるのではないでしょうか。

 

The US government did not take any responsibility or compensate for the victims of this very important Bikini incident and instead, paid small amount of consolation money only.  Meanwhile, the Japanese government acknowledged the continuation of the nuclear testing and in return, demanded for nuclear power behind the scenes.  Don’t you think these people who made efforts to introduce nuclear power to Japan highly responsible?  I believe they are the responsible.

 

ビキニ事件は過去の終わった事件ではありません。あのときから始まった事件です。それなのに誰の口からもビキニ事件という言葉が出てきません。

 

Bikini Incident is not a past.  Contrary to it, that incident was the very start of the entire story. However, nobody talks about Bikini Incident any more.

 

当時アメリカは自由諸国にウランを提供し、軍事ブロックを築こうとしてCIAの職員を読売という大きなメディアを目標に打診してきました。これを知った読売新聞社主の正力松太郎氏は、日本中が核実験反対で燃え盛っている矛先を変え、原子力の平和利用といって自分の持つメディアをフルに使って、原発導入の宣伝を大々的に行ないます。

 

In those days, the US tried to build a military block by providing uranium to western world and approached Japan through CIA targeting at a major media company Yomiuri Shimbun.  The then Yomiuri president, Mr. Matsutaro Shoriki conducted an all-out promotion of peaceful use of nuclear power using his own media company to shift the raging anti-nuke sentiment.

 

 政界では中曽根康弘代議士が青年将校などと言われながら危険を伴う原発をアメリカの意向に沿って先頭に立ち、ビキニ事件の三日後に二億三千五〇〇万円の原子力予算を国会で通過させます。  原発を日本に導入した経緯を知れば今起こっている大事故の責任、賠償の方向性も見えてくるはずです。ご静聴ありがとうございました。

 

In the political arena, so-called young-military-officer politician Yasuhiro Nakasone, who became a Prime Minister of Japan later days, took a lead to pass the nuclear power budget of 235 million yen at the Diet, only three days after the Bilini Incident, in line with the US government intention.  If we realize the background of this history, we could see where the responsibility of the current nuclear catastrophe lies and how the compensation should be made in the future.  Thank you very much.

 

 梅田隆亮、元原発労働者

 Ryuusuke Umeda, former nuclear power plant worker


 

 私は1979年に島根原発と敦賀原発で働きました。炉心のすぐ近くで働き、被曝しました。

 I worked for Shimane and Turuga nuclear power plants.  I worked very close to the reactor core and got exposed to radiation.

 

 きちんとした安全教育はなく、「被曝」という意識すらありませんでした。

 In my case, there was no safety education, and workers were not even aware of the concept of “exposure to radiation” .

 

 線量計は配布されましたが、ビービー音が鳴って仕事にならず、放射線の低い所にいる人にあずけて作業しました。現場監督は見て見ぬふりでした。島根原発では普通の作業着で、マスクもつけずに作業しました。

 Though we received dosimeters, since the alarm went off so frequently and distracted our works, we left them to the workers in the lower radiation level areas, and our supervisor deliberately overlooked this.  In Shimane, workers just wore regular work clothes and did not wear masks.

 

 放射能の怖さは、時間がたってから現われます。私は鼻血と全身倦怠に悩まされました。「ぶらぶら病」と呼ばれ、働くのが困難になります。診断が難しいため、周囲の人から理解されず「怠け者」扱いされます。

 The scariest thing about radiation is that its impact on human health takes a long time to appear, so at first it seems safe. In my case, I suffered from nose bleeding and general malaise (so called Burabura disease).  Burabura Disease makes it very hard for people to work, but as it is difficult to diagnose, many people do not understand and regard such Burabura patients merely as lazy people.

 

 私は2000年に心筋梗塞を発症し、働けなくなりました。私のように労災申請する作業員は少なく、病気になっても泣き寝入りがほとんどです。

 In 2000, I also got myocardial infarction and was unable to work.  There are very few who apply for workers’ compensation and they are forced to bear the condition.

 

 かつては原発に対して「賛成」でも「反対」でもありませんでした。原発で働いて給料をもらったというためらいがあり、言いづらかったのです。

 In the past, I was neither “for” or “against” nuclear power.  I was hesitant to speak out seeing I received payment through working at nuclear plants.

 

 しかし、これ以上被曝者を出さないために、「原発反対」という考えに変わりました。福島原発事故が起き、多くの作業員が被曝しています。その多くは下請け労働者です。心筋梗塞で亡くなった方もおられると伺っています。原発はすべて廃炉にすべきだと思います。

 However, in order to prevent radiation exposure to more people, I became anti-nuclear.  Then the Fukushima accident took place and many workers, especially sub contractors have been exposed.  I heard there was one worker who died of myocardial infarction.  I believe all the nuclear power plants should be shut down.

 

 3つのことを提案します。

 Now, I want to raise three proposals.

 

 1  原発作業員の健康相談窓口をつくってほしい。これまで原発で働いて被曝した人は40万人以上と言われています。しかし、労災を申請した人はほんのわずかです。ですから、作業員の「いのちの電話」のような制度があったら良いと思います。

 1  A health consultation service should be established. There have been more than 400,000 nuclear power plant workers in total in Japan.   However, only very few people have applied for workers’ compensation.  It would be great if there was a so-called "life-line" or help-line for nuclear workers.

 

 2  安全教育や放射線管理が適切になされているか、できるかぎり第三者に見えるようにする。私の場合もそうですが、きちんとした安全教育をしていないのに、元請会社は適切におこなったと主張し、水掛け論になるのを防がねばなりません。

 

 2  Working conditions such as safety education and radiation control should be made as visible as possible to the third party.  Without adequate safety training, endless disputes will occur between workers and sub-contractors about whether safety education have been properly conducted or not - as was the case in my experience.  We need to avoid such situations.

 

 3  原発労災の対象疾患に、心筋梗塞を入れてほしい。原爆症では心筋梗塞が認定対象となっていますが、原発労災では対象になっていません。原爆も原発も本質的には同じなので、病気についても同じように認めるべきだと思います。また、内部被曝の影響を正しく評価することが大事だと思います。

 3  Myocardial infarction should be included in the symptoms subject to the nuclear workers’ compensation.  Myocardial infarction is included in the registered diseases of A-bomb victims, but not those of nuclear workers.  The radiation health problems caused by the A-bomb and nuclear power plant are basically the same.  It is also very important to evaluate the effects of internal exposure correctly.

 

 最後に、私の労災申請について申し上げます。112日に再審査請求「棄却」の裁決書が送られてきました。私は敦賀原発の現地調査を再三求めていたのですが、敦賀原発の現地調査を何もおこなわないまま、裁決が出されました。このことに強く抗議します。

 Lastly, let me report to you regarding my own application for workers’ compensation.  On November 2, I received a rejection letter to my re-examination request from the Ministry of Health, Labor and Welfare.  I

had repeatedly requested a site examination at Tsuruga nuclear reactor, but the decision was made without an inspection.  I strongly protest this.

 

 32年前に私が働いた敦賀原発1号機は、今回事故を起こした福島原発と同じタイプの原子炉です。当時から問題のある原子炉で、ボロボロの配管があちこちにありました。津波がなくても地震があれば、福島のような事故が起きてもおかしくありません。「なぜ敦賀原発の現地調査をしなかったのか」、きちんと説明してほしいです。ご静聴ありがとうございました。

 

 Tsuruga nuclear reactor 1, where I used to work is the same type of reactor as those at Fukushima.  It had many problems such as shabby pipes.  Even without a tsunami, if there is any major earthquake, an accident like Fukushima could occur at any moment.  Why didn’t they examine Tsuruga No. 1 reactor?  I would like to have a proper explanation from the government. Thank you very much.
          


 

福島の母親のスピーチ

Speech by a Mother in Fukushima



子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク世話人  佐藤幸子

Sachiko Sato, Representative, Fukushima Network for Saving Children from Radiation


私は、30年間自然に添った農業をしながら、子ども5人を育ててきました。チェルノブイリ事故後、石油や、食糧が輸入されなくなっても原発が止まっても、生きられるようにと、昔からの知恵や技を自分が受け継ぎ次の世代へと繋ぐ生き方をしてきました。その生活を、学びたいという人々が全国から集まり小さな共同体が出来ていました。

For the past 30 years, I have been practicing natural style of farming while rearing my 5 children.  After Chernobyl accident, I changed my life style using old day practices and wisdom handed down from generation to generation so that we could survive without oil, nuclear power, and imported foods. People who wanted to learn such kind of living gathered around me from all over Japan, so we were living in a sort of small community.

今回の原発事故が、それらの全てを奪いました。大切にしてきた農地は、空から降り注いだ放射能のせいで、これまで無農薬で作ってきた安全な野菜を、今年は作ることが出来なくなりました。農民としてこれ程悲しいことはありません。

Then, the Fukushima accident took away everything from us.  This year, we cannot grow safe organic vegetables from our agricultural land which was taken great care of without any chemical. As a farmer, there is nothing that can make me more sad.

311日を境に、全ての福島県民の生活は一変してしまいました。地震、津波、原発事故三重苦のなか、それでも生きていかなければならない苦しさ。

After March 11, lives of all the people in Fukushima was changed.  We had to manage to survive in the midst of the triple disasters-earthquake, Tsunami, and nuclear accident.

とりわけ、原発による被害は目に見えないだけに、それを受け入れることができない苦しさがあります。去年と何も変わっていない美しい風景の中に確実に存在する放射能は、そこに住むことができないと判断した人と、そこに住み続けようと判断した人の間に、大きな溝を作ってしまいました。

Particularly, we suffered from nuclear disaster. Since the radiation is invisible, it is very difficult for us to accept the fact.  The radiation that exists for sure in the beautiful scenery that has not changed a bit from last year put a tremendous gap between people who decided not to continue living that area and people who decided to continue living that area.

本来なら、同じ被害者であるはずの家族が、地域の人々が、思いを共有できないという悲しい現象、心がバラバラになることによって引き起こされた精神的被害、これが「直ちに出た健康被害」です。

The families and neighbors who are supposed to share their sufferings cannot share their feelings. Fukushima peoples mental damage caused by this disintegration of peoples minds can be called as immediate health effects. (After the accident, the government of Japan repeatedly said, There will be no immediate health damage.)

そして、今後ジワジワと出てくる低線量被曝による被害は、確率が低いからと何の手だてもしない。それどころか、これまで、100ミリシーベルト以下のデータが十分にないと言い、そのデータを集めるため福島県民200万人をモルモットにしようとしているのです。

The government does not take any action for the upcoming health damage caused by low level radiation saying that the probability of health damage is low enough.  On the contrary, the government is trying to use 2 million Fukushima people as guinea pigs to collect data, saying that there is not enough data for radiation exposure below 100 milisieverts.

見えないはずの放射能で汚染された福島が、私には戦場に見えます。それはまさに、愚かにも人間が自然を征服出来るかのごとく振る舞ってきた人類と、自然を大切にしたいと考えている人類との戦いの場です。自然豊かな福島「うつくしま福島」だからこそ、見た目には何も変わらない、「美しい戦場」となりました。

To my eyes, the scenery of radiation contaminated Fukushima is just like a battle field, even though I cannot see the radiation itself.  It is a battlefield between people who foolishly behaved as if they could conquer the nature and people who have cherished the nature.  Since Fukushima is beautiful in nature, it does not look different at all. In sight, it is a beautiful battle field.

放射能と、国家権力で子どもの未来を奪ってしまう戦場です。戦場に子どもは居てはいけないのです。戦場の炎の中にいる子どもたちを置き去りにしてはいけないのです。

But it is a battlefield to take away the future of children by the state power. There should not be any children in the battlefield.  We should not leave any child in a battlefield with fire.

これまでの、経済優先の考えでは、子どもたちを救えないのです。子どもたちを救うあらゆる手だてを今すぐ行わなければならないと思います。

We cannot save our children with the economy first ideology.  We immediately need to take every measure to rescue children now.

原発事故の恐ろしさは日本中、世界中が感じたはずです。それでも尚、原発を止めないばかりか、原発を輸出すると言うこの国は、一体何を考えているのでしょうか。

People in Japan and in the world should have felt the horror of nuclear accident.  What kind of nerve does this country have not only continuing nuclear power generation domestically but also trying to export more nuclear power to overseas?

今後、何世代先にも及ぶ影響が出ると言うことをどう考えているのでしょうか。8ヶ月も炎の中に放って置いた政府に期待はできません。

I wonder what the government is thinking in regard to the health effects that can continue for generations to come.  In any case, we cannot expect much from the government who left children in the fires of battlefields as long as 8 months.

子どもの命を守るのは、政府でないことがはっきりしました。このままでは、「未来の子どもたちの命より、目先の経済のほうが大切だと21世紀の大人たちは判断しました」と、将来にわたり人類が滅びるまで、伝え続けて行かなければならないことになるのです。

Now we know that it is not our government who can protect our children. With this trend continuing, we the adults in the 21st century will have to be told that we made the judgment with our priority on the short-sighted economy rather than childrens lives in the future. We will be told like this until human race would eventually be extinguished.

子どもの命を守れるのは、国民です。何が正しくてどうすることが命を守ることになるのか、心の目を見開き一人一人が自分で判断して行動する必要があります。

It is people who can save childrens lives.  Each single person needs to open his or her eyes of mind and make a judgment to see what is correct and what should be done to save lives.

「子どもの命を守る」たったこの一つの願いを叶えるために、福島の親たちは立ち上がりました。全国の人々が福島の子どもたちを守るためにつながりました。あらゆる人々がつながり活動を進めなければならないですし、生き方をも変えなければならないほどの重要な決断をしなければならない時がきたのです。

Mothers and fathers in Fukushima stood up to make a single wish come true. That is to save lives of children. People from all over the nation got connected to protect lives of children in Fukushima.  Now the time has come for everybody to get connected and make actions and to alter their life styles, the moment for all of us to make a very important decision.

もし、これで原発が止まらなかったら、人類は滅亡への道を進むことになるでしょう。 福島から発信された原発事故の恐ろしさが、世界中の人々に伝わり、全ての原発を止めることができるまで、活動を続けなければなりません。福島の子どもたちのような悲しみを、もう二度と起こしてはいけません。ご静聴ありがとうございました。

If the nuclear power does not stop even after this Fukushima accident, humankind would surely tread the path to destruction.  The horror of nuclear accident coming from Fukushima should be disseminated to the people all over the world. We need to continue our actions until all the nuclear power plants in the world are stopped. We should never cause any more sorrow Fukushima children had to any other children on our planet. Thank you very much.